漢検1級模擬試験倉庫

「国文筌蹄」から その1

文章題作りの途中で面白いものを発見したので、急遽記事を書いています。

(一)理想
(設問の「假名」は「仮名」です。)

上の問題、解けますか…?
設問一は四字熟語なので(旧仮名遣いが読めれば)余裕だと思いますが、設問二は文語文法なのでかなりの難問かもしれません(笑)

これは、「国文筌蹄」(永井一孝 編、大正2年出版)に載っている問題です。
(リンク:http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/918762

冒頭には「中学校・師範学校及び女学校・卒業生の補習科用として」という説明がありますが、今でいうと何に当たるのかがよく分かりません💦
ただ、学校の教科書としては、難しい四字熟語も出ていますよね。
当時としては普通の言葉だったということが分かります。

残念ながら解答は見つかりませんでしたが、以下に私の調べた範囲での解答を記しておきます。
間違いがあれば、ご教示いただければ幸いです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。



<解答の表示>





漢検ブログとしては設問一のみ載せるべきかとも思いましたが、本試験の訓読み問題などで文法の知識が必要なものも出題されているので、設問二も載せておきました(笑)

火曜日の記事のネタが暫く無いので、また来週と再来週もこの「国文筌蹄」から問題を出そうと思います。
ご興味のある方は、気晴らしにでも挑戦してみてください。

ちなみに、「国文筌蹄」に使用されている文章(青空文庫にもアリ)を今後の文章題(恐らく直前模試)で使用する予定です。
模試で実力を試したい方は、あまり読み込まないようご注意ください🙇
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する