漢検1級模擬試験倉庫

スーパー類義語問題その21

類義語問題です。(対義語はありません。

1.徘徊 2.天空 3.赤子 4.桎梏 5.猛禽
6.内訌 7.讒謗 8.懸念 9.故墟 10.黄銅
11.輦轂 12.黎元 13.痼疾 14.美服 15.休憩所

語群:[えいがいえんしつきたいきゅうりゅうきら
 げきしょうけんしゅしちょうじょうよしんちゅう
 はいしはんろうびょうあふもうほうこう]

(↑語群の選択肢をクリックすると、線を引いて消すことができます。
ページの更新をしないと、元には戻せませんのでご注意ください。)

◇ヒント(読みを確認したい番号をクリックしてください)




 <ヒント全表示>  <ヒント全消去>



<解答の表示>





このシリーズは今回が今季最終回です。
どうもありがとうございました。

問題のPDFは「その24」まで作成・公開した後に、一つに纏めて出す予定ですので、それまでお待ちいただければと思います。

文章題書き取り問題その23

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[あんきざんかんさんたんせいめんそうそつ]

◇周三は、此のモデルを得て、製作熱を倍加した。屹度芸術界を驚かすような一大傑作を描いて見せると謂ッて、恰(まる)で熱にでも罹ッたようになッて製作に取り懸かッた。…(中略)…何しろ腕一杯のところを見せて、少なくとも日本の洋画界に一(1.)を開こうという野心であッたから、其の用意、其の苦心、実に(2.)たるものであッた。(三島霜川「平民の娘」より)

◇以上は当時余輩が極めて(3.)の際において、殆ど一夜漬けとも謂うべき極めて粗雑なる駁論の梗概である。今にしてこれを観るに、論鋒甚だ激越にして、(4.)為に肌を湿すの感があり、論旨またすこぶる不備にして、さらに補訂を要するもの少なからざるも、ともかくもその当時にありては、従来記録上より、また実物上より立論せられたる一切の非再建論を、ことごとく一通りは論破しえたものであったとの確信を今もなお有しているのである。(喜田貞吉「法隆寺再建非再建論の回顧」より)

◇蓬莱や日のさしかかる枕もと 釣壺
 めでたい句である。朝日のはなやかにさしたる、とでも形容すべきところであろう。(5.)の主人はまだ牀中にあって、天下の春を領しているような気がする。
(柴田宵曲「古句を観る」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かいびゃくきゆじゅんじゅんそじゅつぼうよう]

◇駒井は自分の研究事項に対しては、その人をさえ得れば非常に親切な開放心を持っていて、素人に向かっても(6.)として説くことを厭わない気風を持っている。…(中略)…
 駒井は指で、海図の上のある一端を指摘しました。
「左様でございますか」
 指差されたところを注視したけれど、お松としては、やはり(7.)たる海の中に置かれたと同様な心持ちで、さっぱり観念を得ることができないから、
「こんなに陸に近いのでございますか。それでも、ここにいますと、どちらを見ても陸地は少しも見えないではございませんか」
(中里介山「大菩薩峠 -弁信の巻-」より)

◇野人かつて「道鏡皇胤論」一編を京大史学会の雑誌史林の誌上で発表した事があった。要は道鏡が天智天皇の皇孫であるとの旧説を(8.)し、これによって道鏡に纏わる幾多の疑問を合理的に解説して、以て我が皇統の尊厳をいやが上にも明らかにせんとするにあった。しかるにそれを見られた仏教連合会の当時の幹部の人々は、従来我が仏教がこの悪逆なる妖僧の為に被った冤罪も、この研究によりて幾分緩和せらるべきものとなし、これを複製して世間に頒布したいと申し出でられた。その趣意は、道鏡が臣籍の出として日本において(9.)以来かつて他に類のない非望をあえてしたという事は、彼がまた一の僧侶であることから、我々仏教徒にとってことに遺憾に思い、仏教徒として特に肩身狭く感ずるところであった。しかるにそれがこの考証によりて、彼がうぶからの臣籍の者ではなかった事が明らかにせられた以上、彼が畏れ多くも天位を(10.)し奉った事についても、そこに幾分の理由が認められ、それが必ずしも彼が仏教徒であったが為ではないとの言い開きも立つ訳だというにあった。(喜田貞吉「道鏡皇胤論について」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


故事熟語対策復習問題 その2

前回と同様に「故事熟語対策問題」シリーズで出題した熟語の復習問題を出題します。
出題形式は、類義語問題5問+文章題書き取り(選択形式)問題5問の計10問で、今回の出題範囲は「その13」~「その24」です。

出題内容の難易度は高めですが、全てこれまでに出題済みのものですので、全問正解を目指して取り組んでいただければと思います。
尚、これまでの問題を解いていない方にとっては、超難問の内容と思われますのでご注意ください。



1~5は類義語問題です。(対義語はありません。

1.席捲 2.絵素 3.生壙 4.淪没 5.不惑

語群(1~5):[きょうしさんしょくじゅぞうたんせいらくはく]

<ヒントの表示(1~5)>




6~10は文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(6~10):[かいがんぐうげんごうふくぞうひびふく]

6.シナ歴史は、熱心な道教信者が王侯も隠者も等しく彼らの信条の教えに従って、いろいろな興味深い結果をもたらした実例に満ち満ちている。その物語には必ずその持ち前の楽しみもあり教訓もあろう。逸話、()、警句も豊かにあろう。(岡倉覚三「茶の本」より)

7.さて羅摩王久しぶりで恋女房を難苦中より救い出し、伴うて帰国した後、一夜()して城内を歩くと、ある洗濯師の家で夫妻詈り合う。亭主妻に向かいわれは一度でも他男に穢された妻を家に置かぬ、薄のろい羅摩王と大違いだぞと言うた。その声霹靂のごとく羅摩の胸に答え、急ぎ王宮に還って太(いた)く怒り悲しみ、直ちに弟ラクシュマナを召し私陀を林中で殺さしむ。(南方熊楠「十二支考 -猴に関する伝説-」より)

8.成は操舟を業とする者より出づ。()勇偉、膂力絶倫、満身の花文、人を驚かして自ら異にす。(幸田露伴「運命」より)

9.徳川氏末世の平民、実にこの煩悶を有(たも)つこと少なからざりしなり、この煩悶の苦痛に堪えがたかりしなり、ここに於いてか権勢家の()にして暴慢なる制抑を離れて、別に一種の思想境を造り、以て自ら縦にするところなきを得ず。(北村透谷「徳川氏時代の平民的理想」より)

10.宮中府中は俱に一体たり、()を陟罰し、宜しく異同すべきにあらず。もし姦をなし、科を犯し、及び忠善をなすものあらば、宜しく有司に付して、その刑賞を論じ、以て、陛下の平明の治を明らかにすべく、宜しく偏私して、内外をして法を異にせしむべからず。(吉川英治「三国志 -出師の巻-」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>



文章題書き取り問題その24

文章題書き取り問題(選択形式)です。

※今回の文章は「その22」の続きからの出題です。
軽く前の文章をご確認いただければ、理解しやすいかと思います。


語群(1~5):[きょくせきしったちゅうちょうひっせいゆうし]

◇更に(1.)して二三の号舎を仔細に窺えば、年々の受験者等が嘗て灯せる油煙の痕、尚歴然として壁間の凹処に認められ、幾多受験の士子等の心血を濺ぎし跡忍ばれて哀れなり。当年号軍等の(2.)叫喚の声亦尚耳に在る心地す。されば若し此の荒廃のみならましかば、鬼気人を襲いて、長く(3.)の低徊をゆるすべきにあらざれど、満地に舗ける菜の花の我が国にて見馴れたる黄色のもののみならで、紫の色さえたるが多くさき雑じり、幾千万の青年が(4.)の栄として通過を希いし其の竜門の辺、砌間となく階前となく、皆此の黄紫の花もて被われたれば、此処にも春は忘れで訪れにけると覚えて、懐古の念は為に一しおの深さを加えながら、而も人をして徒に(5.)自失に終わらしむることなく、虚心考察の余裕を得せしめたりき。(原勝郎「貢院の春」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かんかさいかしっぴとうだいれきかい]

◇(6.)して明遠楼上に登臨すれば、二万六百四十四の号舎鱗の如く眼下に列なる。屹然として相対し東西に聳立するは、所謂瞭楼なるものにして、これよりして(7.)せば、各々院の一半を監視し得べく、号舎に就ける士子等の妄動を禁じ得べきものなり。監視の設備の甚だしく厳重なるは、人をして近世式の監獄を連想せしめ、狭矮なる号舎の(8.)は、曽て米国市俄古にて見物せし、ユニオン・ストック会社の家畜市場を思い起こさしむ。江南二省二万余の士子此の一試場に会して(9.)を闘わし、而も(10.)僅かに約百五十人のみと云うに至りては、蓋しこれ文明の一大偉観にして、欧米諸国と雖も、之に比隆すべきものあらず。(原勝郎「貢院の春」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>





「文章題書き取り問題」シリーズは今回が今季最終回です。
お付き合いいただきありがとうございました。

今季分の問題を纏めたPDFは本日中に公開予定です。

文章題書き取り問題(19~24)

今季分(その19~24)の「文章題書き取り問題」を纏めたPDFを公開します。

「文章題書き取り問題(19~24)A」「文章題書き取り問題(19~24)B」という2種類のPDFがあり、それぞれ問題は6ページ、解答は1ページです。
前回同様、通常の書き取り形式、語選択の書き取り形式です。

語選択形式のPDFにも「ヒント」は載せておりませんので、ご注意ください。

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「文章題書き取り問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ
PDFは複数ありますので、お間違いのないよう番号をご確認ください。



試験までは残りあと僅かですので、深追いの無いよう十分ご注意ください。
上手くご活用いただければ幸いです。

なお、明日(2/7(金))の学習記事はお休みさせていただきます🙇
また、来週は月~金で直前模試を公開します。

R1-3直前模試(1/5)

本試験R1-3まで1週間を切りました。
今回も直前のチェック用に、記事形式で模試を公開したいと思います。
これまでの直前模試と同じく、月~金の5日間で40点分ずつ分けて出題します。

今回は本試験の傾向を踏まえて、癖のある(?)問題も含めています。
従って、人によってはかなり難易度が高く感じるかもしれません。

実力を試すためというよりも、気を付けるべき点を確認するための出題のつもりです。
従って、自信を無くす可能性のある場合には、試験直前での挑戦はオススメしません。

尚、金曜日に記事が全てが出揃いますが、出題に不備が無いことが確認され次第、PDFに纏めたものを出す予定です。
一度に全問挑戦したいと思われる方は、金曜夕方頃までお待ちいただいて、PDF版で挑戦していただければと思います。

それでは本日分の出題です。
本日は、「(五)熟字訓・当て字」(10点満点)と「(九)文章題」(30点満点)です。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

R1-3直前模試(2/5)

「R1-3直前模試」の2つ目の記事です。

本日は、「(七)対義語・類義語」(20点満点)と「(八)故事・成語・諺」(20点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

R1-3直前模試(3/5)

「R1-3直前模試」の3つ目の記事です。

本日は、「(四)四字熟語」(30点満点)と「(六)音熟語・一字訓読み」(10点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

R1-3直前模試(4/5)

「R1-3直前模試」の4つ目の記事です。

本日は、「(一)読み」(30点満点)と「(三)語選択」(10点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

R1-3直前模試(5/5)

「R1-3直前模試」の5つ目、最後の記事です。

本日は、「(二)書き取り」(40点満点)です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

R1-3直前模試(PDF版)

「R1-3直前模試」の記事5つを、通常の形式に変更しPDFに纏めました。
試験直前ですので、不備などを見つけられた場合、積極的に指摘していただけると助かります。

基本的な注意点は通常の模試と同じですので、省略させていただきます。

「R1-3直前模試」(問題/ヒント/解答)は、コチラ↓からダウンロードできます。

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

また、公開から時間が経っていて見つけられないときのために、「R1-3直前模試・」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

(追記)出し忘れていた「ヒント」のPDFを追加しました。
大変失礼いたしました。


模試の難易度などに関しては、コチラの記事をご覧ください。
上手くご活用いただければ幸いです。

今回の外字使用部分はコチラ↓(解答が含まれる場合もあるのでご注意ください。)

<「R1-3直前模試」の外字使用部分の表示>


本試験R1-3お疲れさまでした

受検された皆さんお疲れさまでした。
試験はいかがだったでしょうか…?
内容に関して、色々と気になるところだと思いますが、まずは一息ついていただければと思います。

今回も試験に関する情報を随時追記予定です。
今しばらくお待ちください。

…おっと、帰宅された際には、丁寧な手洗いをお忘れなく!!!👍👍👍



以下追記です。
正確性に欠けるかもしれませんが、解答を少しずつあげていきます。
間違いを見つけられた場合は、ご教示いただければ幸いです。

(追記20200221)標準解答が公開されたので、加筆・修正を行っております。
標準解答にあったものを青字で追加し、無かったものを赤字で削除しています。
尚、標準解答に無いものが必ずしも不正解とは限らないのでご注意ください。


「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

音読み問題(1~18)他

昨日、「音読み」カテゴリの問題のPDFのリクエストをいただきましたので、公開したいと思います。

以下、PDFの説明です。
・PDFは「音読み問題」シリーズの記事とその他の記事で2つに分けています。
PDF名はそれぞれ「音読み問題(1~18)」「音読みテスト(1~3)/常用音読み」です。

・共に、問題と解答を分けて掲載しています。
桁が大きくなるために問題番号は付けませんでした。
左の行の番号を確認して、問題と解答を照らし合わせてください。

音読み問題
(画像は一部です。)

「音読み問題(1~18)」のPDFは問題・解答ともに3ページで、計6ページです。
問題はランダムに並び替えているため、記事の順番ではありません。

「音読みテスト(1~3)/常用音読み」のPDFは問題・解答ともに2ページで、計4ページです。
「音読みテスト」の問題と「表外音を持つ常用熟語」の問題を記事と同じ順で並べ、残った隅には「常用漢字の読み分け」シリーズの問題を載せています。
(最後の方は難問が多いので、ご注意ください。)

説明は以上です。
ダウンロードはこちらから↓
https://ux.getuploader.com/spaceplus01/

(「音読み」で検索した結果画面はコチラ

もし、形式の異なるPDFが必要な方は、(可能であれば細かく指定していただいて、)コメント等でリクエストしていただければと思います。
上手くご活用いただければ幸いです。

常用四字熟語+α

突然ですが、四字熟語の問題です。
ちゃんとした問題ではありますが、実際この形で出題される可能性の低いものもありますので、半分お遊びの感じで挑戦していただければと思います。
(かなりの難問です。)

( 1 )率土
( 2 )富貴
( 3 )飲羽
( 4 )石上
( 5 )三友
安心( 6 )
雅人( 7 )
沙中( 8 )
断悪( 9 )
天花( 10 )


語群:[いっちょうぐうごじゅげしゅぜんしんち
 せきせきふてんほくそうらんついりゅうみょう]


<ヒントの表示>


答えは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

本試験R1-3について

今回も試験の内容に関して、記事を書きました。
長文ですので、お時間のある時にでも、目を通していただければ幸いです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

延頸挙踵

二週間ごとに書いている個人的な計画の記事です。
(前回はサボったので四週ぶりです💦)

その前にお知らせです。

右側の「お知らせ」欄にある通り、今週末の土曜日に模試を公開します。
タイトルは伏せてありますが、試験前にはとても出せない内容です(笑)
自信のある方は、挑戦していただければ幸いです。

また、記事問題の本格的な再開は3/16(月)を予定しています。
それまでは不定期で記事を出すかもしれませんが、基本的にはお休みさせていただきます。

それでは計画記事です。
興味のある方のみコチラ↓

続きを読む

R1-2の合格率は…?

漢検HPにR1-2のデータが公表されました。
(直近の試験ではなく、一つ前のものであることに注意してください。)

R1-2の合格者は107人、合格率は10.4%でした。
これまでのデータとの比較は以下の通りです。

H26-1~R1-2データ

今回は、少なくともここ十数年では、志願者数、受検者数ともに過去最低だったようです。
試験前に大きな台風被害があったため、その影響が出ている可能性もありますが、級によっては第一回より増えているので、1級受検者の減少傾向は深刻ですね…。

合格率は、前回と比べて7.8%→10.4%となり、数字上はそれなりに易化したように見えます。
しかしながら、実力に関係なく受検者数が減少しているのであれば、単純に合格率を比べることができますが、実力に自信の無い方が多く受検を断念しているのだとすると、合格率の変化から感じるほどの易化ではなかったことになります。

実際、合格者数は14人しか増えておらず、上位をリピーターの皆さんが占めている状況を考えると、初合格者はそう多くは無いでしょう。
合格者数がH27-3の半分ほどだったにも関わらず、「比較的簡単な回だった」と言われてしまうのは、ちょっとしたホラーでもありますね(笑)

ちなみに、今回は試験から128日での公表で、これも過去最低の記録かもしれません(苦笑)
状況が分からないので仕方のない面もあるかもしれませんが、出来れば次の試験よりも前に出していただきたいところです🙏

リピーター向け模擬試験その1

通常の模試作りに少し疲れてしまったので(笑)、また変則的な模試を作ってみました。
「チャンレンジャー向け」「ビギナー向け」に続く「~向け」第三弾ということで、「リピーター向け模擬試験」を公開します。

内容は、タイトルからも想像される通り、通常よりも難易度の高い模擬試験です。
具体的には、通常模試に比べて難問割合が2倍程度になったような難易度を想定しています。
実力に自信のある方に、挑戦していただければと思います。

注意点は通常の模試と基本的に同じですので、割愛させていただきます。
ただし、文章題は「青空文庫」ではなく、「国立国会図書館デジタルコレクション」で見つけたものを使用しました。

「リピーター向け模擬試験その1」(問題/ヒント/解答)は、コチラ↓からダウンロードできます。

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

また、公開から時間が経っていて見つけられないときのために、「リピーター向け模擬試験その1・」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

今回の模試の点数にあまり意味はないと思います。
問題自体を楽しんでいただければ幸いです。

今回の外字使用部分はコチラ↓(解答が含まれる場合もあるのでご注意ください。)

<「リピーター向け模擬試験その1」の外字使用部分の表示>