漢検1級模擬試験倉庫

常用大見出し語表から 対義語・類義語問題その4

対義語・類義語問題です。1~が対義語、~10が類義語の問題です。

[対] 1.暁鶏 2.鶯谷 3.緇服
[類] 4.滅度 5.街道 6.同根
 7.佚民 8.欽慕 9.丈人 10.厩務員

語群:[おうかんがくふけいこうさんじんそい
 にゅうじゃくはくしゅくはくぼばていりたつ]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 書き取り問題その3

書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[いっぱんかしゃくせいかちゅうせきやくじ]

1.病褥に臥し()に親しむ日を過ごす。

2.彼は組織の()たるべき逸材である。

3.著書から偉人の生涯の()を窺う。

4.修身()の道に勤しむ。

5.彼の筆誅は()する処が無かった。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[おうしかたいそうこうどうよくらいめい]

6.このたび百両の金子紛失の件、とにもかくにも、そちたちの()、その場に居合わせながら大金の紛失に気附かざりしとは、察するところ、意地汚く酒を過ごし、大酔に及んだがためと思われる。(太宰治「新釈諸国噺」より)

7.しかし、光秀が信長に反いたのは、平生の鬱憤を晴らすと同時に、あわよくば天下を取ろうとする大志が、あったに違いない。秀吉が、信長の()を機会に信長の子孫を立てずに自分で天下を取ったのを、光秀はもっと積極的に、自分の私憤を晴らすと同時に、天下を志したに違いない。(菊池寛「山崎合戦」より)

8.大正五年七月九日先生の訃いまだ公にせられざるに先立ち馬場孤蝶君悲報を二、三の親友に伝う。余()として車を先生が白金の邸に走らするに一片の香煙既に寂寞として霊柩のほとりに漂えるのみ。(永井荷風「書かでもの記」より)

9.旅路のなさけなき事、風吹き荒み熱砂顔にぶつかる時眼を閉(ふさ)ぎてあゆめば、邪見の喇叭気を注(つ)けろがらがらの馬車に胆ちぢみあがり、雨降り切(しき)りては新道のさくれ石足を嚙むに生爪を剝がし悩むを()の車夫法外の価(ね)を貪り、尚も並木で五割酒銭(さかて)は天下の法だとゆする、仇もなさけも一日限りの、人情は薄き掛け蒲団に襟首さむく、待遇(もてなし)は冷ややかな平の内に蒟蒻黒し。(幸田露伴「風流仏」より)

10.実隆の交遊広く、()の僻陬まで及んでおったことは、日本のはてから彼を尋ねて来る者の多かったのでも推すことができる。薩摩からは、前にもちょっと述べた僧珠全が、一度は宗祇により、一度は宗碩と同道して、実隆に面謁したのみでなく、同国人吉田若狭守位清という者からは、和歌の合点を依頼してきた。(原勝郎「東山時代における一縉紳の生活」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


常用大見出し語表から 語選択問題その3

語選択問題です。

1.とりわけ親しいこと。
2.偽りのない心。
3.風流な趣。
4.物事の限り。
5.真夏の太陽。

語群:[いじついんちがりょうせきせい
 そしないおうべっこんほうず]

6.遠く相離れて会うことのないたとえ。
7.人間のからだ。
8.年少で未熟なこと。
9.事業を起こすこと。
10.物事のなりゆき。

語群:[うだいけんかくこうはいしんしょう
 そうそうにゅうしゅうようしれきすう]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 対義語・類義語問題その3

対義語・類義語問題です。1~が対義語、~10が類義語の問題です。

[対] 1.地底 2.練達 3.不肖
[類] 4.正鵠 5.内方 6.自然
 7.親朋 8.左道 9.甸服 10.眇眇

語群:[かんけんきゅうてんくくけいきしっか
 じゃけいしゅつらんぞうかちいんふかん]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 書き取り問題その2

書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[きたいじこんしんすいないしょうふせつ]

1.台所で()の労をとる。

2.()は火の車。

3.脆弱な態勢に()を抱く。

4.()以後、彼とは会っていない。

5.()を合わすが如く考えが一致した。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[おんてんきょしきんいんしゅうちんりょがい]

6.「アレキシス・ドーブレク。一昨々年ブーシュ・ドュ・ローヌ県選出代議士、無所属、政見は明瞭ならざるも、常に巨額の()を散じて選挙民の好感を買い、地盤すこぶる強固なり。(モウリス・ルブラン「水晶の栓」より)

7.何か植物のことをたずねた時に、寺田さんは()の植物図鑑をポケットから取り出したのである。山を歩くといろんな植物が眼につく、それでこういうものを持って歩いている、というのである。(和辻哲郎「寺田さんに最後に逢った時」より)

8.「三毛」はいろいろの点において「玉」とはまさに対蹠的の性質をもった雌猫であった。だれからもきれいとほめられる容貌と毛皮をもって、敏捷で典雅な()を示すと同時に、神経質な気むずかしさをもっていた。(寺田寅彦「備忘録」より)

9.その動機に情状の酌量すべき所があっても、その事実が法文に触れているのであるから犯罪人として処刑されるのはやむをえない。…(中略)…それでこの犯罪は八年の懲役に処せられ、執行猶予の沙汰もなかったが、宣告の際に物優しい判事は獄則を恪守して刑期の半ばを過ごしたなら仮出獄の()に浴することも出来るということを告げたということである。(与謝野晶子「姑と嫁について」より)

10.さて、地獄で天女とも思いながら、年は取っても見ず知らぬ御婦人には左右(そう)のうはものを申し難い。なれども、いたいけに児をあやしてござる。お優しさにつけ、ずかずかと立ち寄りまして、()ながら伺いましたじゃ。(泉鏡花「白金之絵図」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


常用大見出し語表から 語選択問題その2

語選択問題です。

1.英才や美人の死。
2.和歌の別称。
3.酒の異称。
4.見舞うこと。
5.あまねく行き渡ること。

語群:[うしんえんけんがちそうせい
 そんもんぼうゆうまいぎょくらふ]

6.端から次第に侵略すること。
7.夜明け方。
8.みことのり。
9.悟りの世界に入る。また、出家する。
10.ブローカー。

語群:[おうせいおりがほさんしょく
 せきいつとくどへいやまいそう]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 対義語・類義語問題その2

対義語・類義語問題です。1~が対義語、~10が類義語の問題です。

[対] 1.落髪 2.圭角 3.増益
[類] 4.末法 5.遊偵 6.兵馬
 7.竹帛 8.次次 9.乾坤 10.温柔郷

語群:[あくしょかんじゃきせいげんさいげんぞく
 しりょせいしだんえんふうさいりくぞく]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 書き取り問題その1

金曜日は書き取り問題を出題します。
5問ずつの選択形式での出題ですが、前半は(二)(八)を意識した短文での出題、後半は(九)を意識した長文での出題になっています。
(シリーズ全体の説明はコチラ。)



書き取り問題(選択形式)です。
前半は短文で(諺を含む)、後半は長文で出題します。

語群(1~5):[こうるいしゅきゅうじょうしちゅうこうへんぺん]

1.売り場に()軍が押し寄せる。

2.大師は寺の()開山と仰がれる。

3.若き花嫁が()を絞る。

4.敵の大将の()を挙げる。

5.()たる蛮触の争いに嘆息する。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[えつれきしこしょうきたんせきひしゅう]

6.支那の官場には廻避といふ制度がある。地方官となるにも、その本籍所在地では就任が出来ぬ。…(中略)…科挙の場合にも、試験官と親族の関係ある者は、その受験を遠慮せなければならぬ。廻避の制度を立てた精神は、官吏がその親族知人と()して私を営むべしという、上下の猜疑を避くるに在ること申す迄もない。(桑原隲蔵「支那人の妥協性と猜疑心」より)

7.椿岳のいわゆる浅草絵というは淡島堂のお堂守をしていた頃の徒然のすさびで、大津絵風の泥画である。…(中略)…袋の文字は大河内侯の揮毫を当時の浅草区長の町田今輔が雕板したものだそうだ。慾も得もない書き放しで、微塵も()がないのが好事の雅客に喜ばれて、浅草絵の名は忽ち好事家間に喧伝された。(内田魯庵「淡島椿岳 -過渡期の文化が産出した画界のハイブリッド-」より)

8.人一代の伝を委しく残そうとすれば誰人(だれ)を伝しても一部の小冊は得られよう。ましてその()は波瀾万丈、我が国新女優の先駆者であり、泰西の劇団にもその名を輝かして来た、マダム貞奴を、細かに書いたらばどれほど大部の人間生活の縮図が見られるであろう。(長谷川時雨「マダム貞奴」より)

9.ときに数杵の鐘声遠く響きて、月はますます白く、空はますます澄めり。…(中略)…()寥廓として、ただ山水と明月とあるのみ。(泉鏡花「義血侠血」より)

10.糧も尽き、心も疲れ、人馬ともに生色なく、墓場にも似た古城の内にただ草ばかり伸びてゆく。関羽は幽暗な一室に瞑目していた。趙累が前にひれ伏して、「城中の運命はもうここ()のうちです。如何にせばよいでしょうか」「ただよく守れ。最後まで」関羽は一言しかいわなかった。(吉川英治「三国志 -出師の巻-」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


常用大見出し語表から 語選択問題その1

水曜日は語選択問題です。5問×2=10問出題します。
(シリーズ全体の説明はコチラ。)



語選択問題です。

1.強く憧れ慕うこと。
2.天子。また、天子の位。
3.相手に気がねする気持ち。
4.女子が生まれること。
5.官位のない人。

語群:[かくしんかつごうぎぎそうおく
 ばんじょうひぼうほいろうが]

6.幕府。また、将軍や将軍家。
7.遠くを見る。また、広大で見当がつかない。
8.貴人が髪を剃り出家する。
9.人をのろい殺すこと。
10.仲に入って世話をすること。

語群:[しゅうせんじゅごんしょうせいだいかく
 ちょうぶくぼうようらくしょくりゅうえい]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表から 対義語・類義語問題その1

今週から月水金に「常用大見出し語表からの問題」シリーズの記事を出します。
どの記事の問題も解答は全て「常用大見出し語表」の語です。
解答には表の通し番号を併記しておりますので、参考にしていただければと思います。

月曜日は対類問題で、出題の制限があるため、対義語3問・類義語7問のバランスで作成しました。
十分ご確認の上、挑戦していただければと思います。

早速、本日分の出題です。



対義語・類義語問題です。1~が対義語、~10が類義語の問題です。

[対] 1.節倹 2.名妓 3.中正
[類] 4.白浪 5.鉛黛 6.藉口
 7.雲居 8.渉猟 9.文官 10.出世者

語群:[きゅうちょうしきょくしふんしゃもんそめい
 とひはくそうはんぎょくゆうひつりょくりん]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


常用大見出し語表

大見出し語表の常用熟語バージョンを作成しましたので、PDF形式で公開します。

以下、内容と注意点です。

「常用大見出し語表」というPDF名で、全2ページです。

・漢検漢字辞典第二版(漢字ペディア)の大見出しのうち、常用漢字からなる音読み二字熟語を500語を選んで並べました。
(勿論、上の条件を満たすもののうち、ごく一部の熟語です。)

・熟語にはその読みを併記しました。ただし、読みは見出しで出ている読みを採用しており、全ての読みを載せているわけではありません。また、読み方によって意味が異なるものは、重要と思われる方の読みを載せています。

・各ページ50行×5列で配置され、各行には1~50の数字が、各列にはa~e(1ページ目)およびf~j(2ページ目)のアルファベットが振られています。今後の記事ではこれらを組み合わせて使用することがあります。

ダウンロードはコチラから↓

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

また、公開から時間が経っていて見つけられないときのために、「常用大見出し語表」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

(追記)「絶勝」(c-30)の読みが「しょうぜつ」になっていましたので、「ぜっしょう」に修正しました。大変失礼いたしました。
(ちなみに、「勝絶(しょうぜつ)」という熟語も同義で存在しますので、セットで覚えておくとよいと思います。)


(追記2)「蓋棺」(j-17)の読みが「かんがい」になっていましたので、「がいかん」に修正しました。大変失礼いたしました。

特に上の級の配当の漢字は重複を避けて、満遍なく熟語を選びました。
極力重要そうな熟語を選んだつもりですが、中には重要でないものも混じっているかもしれません。
また、全ての重要な熟語を含めているわけでもありませんので、予めお含みおきください。

漢字の方は大丈夫だと思いますが、読みは手入力なので、(チェックはしましたが)ミスがあるかもしれません。
誤りを見つけられた方は、ご指摘いただければと思います。

今後、「(1級熟語の)大見出し語表」の時と同様に、こちらからも問題を出すことを考えています。
上手くご活用いただければ幸いです。