漢検1級模擬試験倉庫

文章題書き取り問題その8

火曜日にもお伝えした通り、金曜日も「文章題書き取り問題」を出題します。
火曜日よりも難易度は高くなっておりますので、ご注意ください。



文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[こうぎょこりょふれいほうらつれんびん]

◇仕えの女腹から出た定明は、父の歿後、母の許すところとなり引き取られて育ったが、異常な野性と、(1.)の気性は経之とはまるで違った性格をひらいて見せた。動物にたいする(2.)の欠乏は勿論、仕えの女たちへのしばしばの乱行もそうなら、碗をもって酒食らうことも殆ど町方破落戸とえらぶところがなかった。…(中略)…
 定明は自分の生い立ちを知ることと、彼自身の放蕩無頼とはよく調和されているほど、反省も(3.)もしなかった。肉体にくいこんでいる母のあおぐろい血は、彼に何のわざわいを見せつけるのか、彼はひまさえあれば、北のやかたで飲酒にふけっていた。
(室生犀星「野に臥す者」より)

◇人々は尾州藩の方から伝達された左の掲示の前に立った。
「公方様、御(4.)御座遊ばされ候ところ、御養生かなわせられず、去る二十日卯の上刻、大坂表において(5.)遊ばされ候。かねて仰せ出だされ候通り、一橋中納言殿どの御相続遊ばされ、去る二十日より上様と称し奉るべき旨、大坂表において仰せ出だされ候。」
(島崎藤村「夜明け前」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かいようこうぞうざんきしょういとうろ]

◇縁側の前には、葡萄棚があって、斜坂の紅葉や稚樹を透かして、渋谷方面の林だの丘だの水車だのが一目に眺められた。…(中略)…そこに――このさびしい丘の上の家に、かれは、お信さんにわかれた後の恋の(6.)を医していたのであった。(田山花袋「丘の上の家」より)

◇古従(よ)り(7.)者古今一世の人物にあらざれば、衆賢の批評に当たる者あらず。計らずも拙老先年の行為に於いて御議論数百言御指摘、実に(8.)に堪えず、御深志忝く存じ候。
 (9.)は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存じ候。各人へ御示し御座候とも毛頭異存之無く候。…(中略)…
 拙、此の程より所労平臥中、筆を採るに懶く、乱筆御(10.)を蒙り度く候。
(勝海舟「瘠我慢の説」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


同音異義問題 その14

同音異義問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

文章題書き取り問題その7

今週から、火曜日と金曜日には「文章題書き取り問題」を出題します。(形式の説明はコチラ
火曜日は比較的難易度を低めに、金曜日は比較的難易度を高めに設定しました。
ヒントを上手くご活用いただければと思います。

それでは本日分の出題です。



文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[かんせいこうこそんきょていざりゅうりょう]

◇前艦橋に艦長が出てこられた。いよいよ出港だ。(1.)たる喇叭が艦上にひびきわたった。(海野十三「浮かぶ飛行島」より)

◇保田にて汽船を下りて、短艇にのるほどに、雨大いに到りぬ。荷物堆くつみたる上に、十人余りの旅客、傘をならべて(2.)す。風荒れ、雨舞ひ、傘端の点滴、人の衣を霑して、五体覚えず寒戦せり。…(中略)…せめて体をあたためんとて、午食の膳に、三人(3.)して、杯を飛ばす。
 雨に早く暮れし夕べ、風呂湯ありやと問えば、なしというに、益々失望して、数杯をかたむけて止みぬ。かたみに連歌などなししが、烏山頭いたむとて、早く臥す。羽衣もわれも床に入りて、一唱一和せしが、はては疲れて眠りぬ。三とせの間、同じ窓にいそみし身の、(4.)の外にうちとけて、浮世離れし茅店に川臥して、しずかに雨を聴くも、さすがに興なきにあらず。この夜、連歌したる後の即興に、『雨も心のありげなりけり』と、羽衣下の句を打ち出だすに、われ、とりあえず、『しめやかに語らう窓におとずれて』と上の句つけたれど、はや眠りたるにや、答えはなくて、(5.)、雨に和して高し。
(大町桂月「房州紀行」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[しょうへいたたんたんげいまつえいよたく]

◇曙覧は文化九年、福井市内屈指の紙商、井手正玄の長男として生まれたが、父祖の(6.)に浴することをせず、豊かな家産と名跡、家業を悉く異母弟に譲って、郷里を離れた山里や町はずれに、ささやかな藁家を構え、学究歌道に専念した。…(中略)…
 雲脚の変幻極まりない時代の姿を、曙覧他界した慶応四年八月前後の北陸辺に関して抽出してみると、…(中略)…八月十二日には越後三条に進まれている。その二日前、十日には鹿児島から廻航した西郷隆盛が、柏崎に来着して総督宮に拝謁、新潟に向かっている。新代の御光が洽く照り映えようとする直前に、彼は五十七年の生涯を終えたのである。所謂(7.)すべからざる時代の波は、彼の在世中ずっと、辺土の領国松平藩をも内外ともに揺り動かしていた。この内外(8.)の時にあって、古義神道を探求し、厳たる皇国観念に徹した彼は、私情に於いて藩主破格の厚情に感泣し乍ら、重なる(9.)にも応ぜず、藩禄を食もうとしなかった。橘左大臣諸兄の(10.)にして、大君の直臣なりとの堅い信念を貫き通し、倦みなく藩内武士の血脈を衝いて勤皇観を植え付け、時代に迷う福井藩を遂に動かして、勤皇運動に押し出したのだった。一歌人の業としてこれほどの大業は嘗てない。
(折口信夫「橘曙覧」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


同音異義問題 その13

同音異義問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

同音異義問題 その12

同音異義問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

同音異義問題 その11

今週から、「同音異義問題」シリーズを再開します。
出題形式の説明は、コチラをご覧ください。

これまでも難易度は高かったと思いますが、今回からは1級大見出しの出題が少なくなるため、更に難易度が高くなっていると思われます。
混乱する可能性もありますので、挑戦される際には十分ご注意ください。

ヒントは可能な限り付けましたが、直前や直後の語がヒントになっている場合や直接的なものは避けたため、付いていないものもあります。
従って、ヒントが付いていない問題が必ずしも易しい問題という訳ではありませんので、予めお含みおきください。

それでは、今回の問題です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

「~する」型書き取り問題(1~6)

「「~する」型書き取り問題」シリーズのPDFを公開します。

PDFは「「~する」型書き取り問題(1~6)A」「「~する」型書き取り問題(1~6)B」の2種類で、それぞれ問題3ページ、解答1ページ、計4ページです。

通常の書き取り形式、語選択での書き取り形式です。

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「文章題書き取り問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

決して重要度の高くない内容ですので、深追いの無いようお願いします。
上手くご活用いただければ幸いです。

「~する」型書き取り問題その6

文章題書き取り問題(選択形式)です。(詳しくはコチラ

語群(1~5):[ げんちゅうちょうふう ]

1.薊の話には工夫がある。男親一人にがんばらせないという底意を()してかかる。

2.彼は快活で朦朧たる心持ちの、のんきな連中に()しているのが耐えられなかった。

3.火焰は天に()して、灼熱した鉄片は空中高く飛散した。

4.ただいたずらに目下の私に煩悶するのみ。けだしそのゆえは何ぞや。直接のために眼光をおおわれて、地位の利害に()すればなり。

5.先生に宛ててそういう事を書いても仕方がないとも思ったし、前例に()してみると、とても返事をくれそうになかった。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ きょうこくちゅうばく ]

6.彼はプラトンの説を()して真理を「天上」から「下界」におろし、「観念」から「実体」に現実させた。

7.握りが自慢になるのは、上方寿司の風情のみに()し、生気を欠くところに比較してのことである。

8.衣を牽き足を頓(す)り道を攔(さえぎ)り()す。

9.長八は渋江氏の江戸を去る時墓木()していたが、久次郎は六十六歳の翁になって生存(ながら)えていたのである。

10.大君に背くものあれば、親兄弟たりといえども、すなわちこれを()して君に帰す。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>





このシリーズは、とりあえず今回が最後です。
これまでの出題で、「~する」型の語の全てではありませんが、漢検大見出しになっているものと、国語辞典にある1級漢字関連のものはほぼ網羅できていると思います。

難しい問題も多くあったと思いますが、単なる漢字の意味というよりも、「~する」という形の言葉の使い方を理解できるよう心掛けたつもりです。
特に慣用表現になっているものもありますので、復習の際には、前後の流れも少し注意してみることをオススメします。

最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

「~する」型書き取り問題その5

文章題書き取り問題(選択形式)です。(詳しくはコチラ

語群(1~5):[ ぐうざんはいよう ]

1.上皇の院政を支持する公卿と、天皇を()し奉る公卿との対立が、その煩いの禍根だった。

2.費誓は周公の子の伯禽が徐淮の夷を征伐したことを書いたもので、当時楚の国の如き夷狄の盛んになったものに対して膺懲の意を()したものである。

3.隆文耀、張近秋、二人の大官皇帝に()し、少林寺の僧を殺さしむ。

4.関東縞の袷に脚絆草鞋で、鮫鞘の長脇差を()し菅の吹き下しの笠をかぶっている。

5.スターンは自分の責任を免(のが)れると同時にこれを在天の神に()した。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ かんこうじゅぼっ ]

6.ほかの老将たちも、口を()してこそいたが、面には朱をそそいでいる。

7.昔匈奴この国に()した時、王、金銀異色の大鼠を祭ると、敵兵の鞍から甲冑から弓絃まで、紐や糸をことごとく鼠群が嚙み断ったので、匈奴軍詮術を知らず大敗した。

8.今日ほとんど見るべき作がなくとも、罪を工人たちに()すわけにゆかぬ。

9.嶺は五六年前に踰えしおりに似ず、泥濘踝を()す。

10.緑町の方を向いて合掌し、くどくどとお念仏を()した。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


「~する」型書き取り問題その4

文章題書き取り問題(選択形式)です。(詳しくはコチラ

(本日の問題の前に…)
先週公開した「その3」の問題文を一部変更しております。
挑戦済みで、かつ、何のことか分からないという方は、お手数ですがご確認いただければ幸いです。


語群(1~5):[ かっきょうしゃへんよう ]

1.政治家として如何に実朝を()するとも、歌人として万葉以後ただ一人たるの名誉は終にこれを歿すべからず。

2.楚人猴を烹るあり、その隣人を召すに以て狗羹と為してこれを甘しとす。後その猴たりしと聞き皆地に拠ってこれを吐き、ことごとくその食を()す、こはまだ始めより味を知らざるものなり。

3.保の家には長女福が一月三十日に生まれ、二月十七日に()した。また七月十一日に長男三吉が三歳にして歿した。

4.清三は日課点の調べにあきて、風呂敷き包みの中から「むさし野」を出して清新な趣味に()した人のように熱心に読んだ。

5.ここに平生の自戒をつづりて、同志の人々の考えに()したい。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ いんえきこくへいぼく ]

6.明治二十四年には保は新居を神田仲猿楽町五番地に()して、七月十七日に起工し、十月一日にこれを落した。

7.人間一生は肺臓と心臓の動く限り、身を労し心を()して、決してグズグズして光陰を徒費することはできぬ。

8.この矛盾した二つの感情が、互いに()し合う後には、境遇の急激な変化から来る、落ち着かない気分が、今日の天気のように、うすら寒く控えている。

9.彼等の共通の先輩であった沼間守一は至って不養生の人で、酒に()して誰の諫言もきき入れなかった。

10.その時楚は、孔子が陳・蔡の間にあるを聞いて、人をして孔子を()せしめた。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


「~する」型書き取り問題その3

文章題書き取り問題(選択形式)です。(詳しくはコチラ

(追記)問題2の差し替えを行いました。
詳しくは、解答の後の解説をご覧ください。


語群(1~5):[ へんろうろく ]

1.惻隠の心()すれば、民或いは愛に溺れ身を殞とす者有り。

2.秦軍は鼓譟し兵を()し、武安の屋の瓦は尽く振るう。(注:問題文を変更しました。)

3.「煩い。しっしっ。」と、ものなき竜馬の周囲を()す。

4.藩王たるものは、上は天子を尊み、下は百姓を()し、国家の藩輔となりて、天下の公法を撓す無かれ。

5.天地の諸声をあざむく奏楽が同時に耳を()すばかり沸きあがった。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ げきしょうぜいはいやく ]

6.銭形平次については、私はもう語りすぎるほど語り尽くした、今さら何を()することもあるはずはない。

7.もし葭萌関を張魯に()されてしまったら、蜀と荊州の連絡は断たれ、退くも進むもできなくなる。

8.ただ飄然として日月を()する中に、世間の風景、何となく文明開化の春をもよおしたり。

9.演奏者が闥を()してわが室に入らんとす。

10.民の義に因って以て之を()し、民の欲に因って以て之を趨らさば、則ち民其の生を忘れて其の死を致さん。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


「~する」型書き取り問題その2

文章題書き取り問題(選択形式)です。(詳しくはコチラ

語群(1~5):[ ざんふくめい ]

1.この昆虫がよい加減蜜を吸うたうえは、頭に花粉をつけたままこの花を()し去って他の花へ行く。

2.跡でも懇ろに吊(ともら)って遣れば、お前が手づから香花でも手向ければ、あれは快よく()する事が出来ると遺書にも有ったと言うでは無いか。

3.幕府南洲に禍いせんと欲す。藩侯之を患え、南洲を大島に()す。

4.和蘭国王は、軍艦を()して、開国和親の忠告書を齎したる特命使節を派遣すべし。

5.これすなわち、山海共に皇室の御稜威に()し、ここに既に同化融合の実を挙げ給うた事実を、語り伝えたものではあるまいか。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ さいはくはっ ]

6.福岡の城下から中津の城下に移った彼は、二月に入った一日、宇佐八幡宮に()して、本懐の一日も早く達せられんことを祈念した。

7.我々は牛肉を食らえども我々の邸内に在る物捨て場に於いて牛骨を見る事は()し難し。

8.京枝の弟子の竹子は、かなりの人気者であったが、玉之助が出現して、麒麟児の名を()してからは、月に光を奪われた糠星のように影が薄くなってしまった。

9.留守の者、あらかた引き()して来たとみえる。

10.早朝に温泉を()して、三時間余りにして、燕岳の肩にある小屋に出る。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


「~する」型書き取り問題その1

先日の本試験の文章題では、「(漢字一字の音読み)する」という動詞の書き取り問題が出題されました。
同じような動詞を調べて、青空文庫の文章を元に書き取り問題を作成しましたので、今週から毎週火曜日に出題していきます。

当初は通常の書き取り問題のつもりで制作したのですが、折角なので語群から読みを選択する形式で記事にしてみました。
…が、恐らくそのままでは相当難しくなってしまったと思いますので(笑)、早い段階でヒントを使用することをオススメします。
頭を捻って超難問に挑戦したいという方のみ、ヒントなしで挑戦してみてください。
(ヒントがあってもそれなりに難しいとは思いますが…)

1つの記事で5問×2題=10問を出題します。
なお、多くの漢字で「(漢字一字の音読み)する」と使うことが可能ですが、ここで出題するのは「広辞苑」「大辞泉」「大辞林」のいずれの辞典にも項目として載っているものだけです。
いずれにせよ全体として出題の可能性の高いものではありませんが、変わった意味での使い方のものも出題しておりますので、楽しんで挑戦していただければと思います。



文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[ ぎょじょせんばい ]

1.この秋、藤原忠平は、摂政をかねて、太政大臣に()せられた。

2.老君、予の玉璽を返さず、帝位を()して、さらに世を紊す。

3.芸を售って口を()するのを恥辱とせぬと同時に、学問の根底たる立脚地を離るるのを深く陋劣と心得た。

4.一時の術を用いて下民を()しその知徳の進むを待つとは、威をもって人を文明に強ゆるものなり。

5.彼が懸命の労働は旧に()して著しく人の目に立った。

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[ きくきょそうそくりく ]

6.さほど大事なものならば、日に千人の小賊を()して、満圃の草花を彼らの屍に培養(つちか)うがよかろう。

7.われわれの心が私を去って天に()しているかぎりは、清浄心になっているかぎりは、それは悪いことはない。

8.一行阿闍梨、陛下万里に行幸して、聖祚疆り無からんと()したり。

9.技巧頗る幼稚なれども、亦()す可き趣致なしとせず。

10.この小房の縁に()して前栽に対する時は誰でも一種特異の気分が湧く。

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


文章題書き取り問題(1~6)

「文章題書き取り問題」の「その1」~「その6」の問題を纏めたPDFを公開します。

「文章題書き取り問題(1~6)A」「文章題書き取り問題(1~6)B」という2種類のPDFがあり、それぞれ問題は6ページ、解答は1ページです。

「分野別対策」の時と同様に、「文章題書き取り問題(1~6)A」通常の書き取り形式、「文章題書き取り問題(1~6)B」語選択の書き取り形式で出題しています。

語選択形式のPDFにも「ヒント」は載せておりませんので、ご注意ください。

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「文章題書き取り問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ



PDFを次々と公開しましたが、試験も近いですので、深追いにならないようご注意ください。
上手くご活用いただければ幸いです。

文章題書き取り問題その6

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[きょうこうざんこうせいひつちゅうばつとどく]

◇ところで、その上書なる物だが。そのなかで尊氏はこう訴えているのである。
 義貞と自分との、年来にわたる確執を述べ、つまるところ、このようなはめになったのも、ひとえに佞臣の(1.)によるもので、その張本は義貞であるとし、「――願わくば、乱将義貞(2.)の勅許をたまわりたい。つくすべき忠も、(3.)の輩が君の側らにはびこっていたのでは捧げようもない。君側の奸を一掃してのうえでなら、微臣たりとも海内(4.)のためどんな御奉公も決していとう者ではない。どうかご推量を仰ぎたい。(5.)謹言」
(吉川英治「私本太平記 -風花帖-」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[うだいかんかくかんばつけんたいようかい]

◇伊藤侯の発表したる宣言の大要は、既成政党の言動を論じて、或いは憲法の原則と相(6.)するの病に陥りたりと為し、或いは国務を以て党派の私に殉ずるの弊を致すと為し、或いは(7.)の大勢に対する維新の宏謨と相容れざるの陋を形したりと為せり。…(中略)…閣臣任免の本義に付いては曰く、抑閣臣の任免は憲法上の大権に属し、其の(8.)択用、或いは政党員よりし、或いは党外の士を以てす、皆元首の自由意思に存す。而して其の已に挙げられて輔弼の職に就き、(9.)の事を行うや、党員政友と雖も、決して外より之に(10.)するを得ずと。(鳥谷部春汀「明治人物月旦(抄)」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>





このシリーズは、今回が今季最終回です。
来週は「H30-3直前模試」を公開します。

同音異義問題(1~10)

「同音異義問題」の「その1」~「その10」の問題を纏めたPDFを公開します。

「同音異義問題(1~10)」というPDFで、問題は7ページ、解答は2ページです。
各回の問題はページを跨いで載っているものもあります。
印刷された際には、順番を間違えないようご注意ください。

なお、PDFには「ヒント」は載せておりません。

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「同音異義問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ



明日は「文章題書き取り問題」のPDFを公開予定です。

同音異義問題 その10

同音異義問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

文章題書き取り問題その5

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[こんぱくないこうふくぼつふしゅうへんたく]

◇それは大崎の大崎義隆の臣の里見隆景から事起こって、隆景が義隆をして同じ大崎の巨族たる岩出山の城主氏家弾正を殺させんとしたので、弾正が片倉小十郎に因って政宗に援を請うたところから紛糾した大崎家の(1.)が、伊達対大崎の戦となり、伊達が勝てば氏家弾正を手蔓にして大崎を吞んで終おうということになったのである。ところが氏家を援けに出た伊達軍の総大将の小山田筑前は三千余騎を率いて、金の采配を許されて勇み進んだに関わらず、岩出山の氏家弾正を援けようとして一本槍に前進して中新田城を攻めたため、大崎から救援の敵将等と戦って居る中に、中新田城よりは後に当たって居る下新田城や師山城や桑折城やの敵城に策応されて、袋の鼠の如くに環攻され、総大将たる小山田筑前は悪戦して死し、全軍殆んど(2.)し、陣代の高森上野は婿舅の好を以て哀れみを敵の桑折の城将黒川月舟に請うて僅かに帰るを得た程である。(幸田露伴「蒲生氏郷」より)

◇文久二年、三十六歳、沖永良部島(3.)中。
朝に恩遇を蒙り夕べに焚坑。人世浮沈晦明に似たり。縦(たと)い光を回さざるも葵日に向かう。若し運を開く無きも意誠を推す。洛陽の知己皆鬼と為る。南嶼の(4.)独り生を窃む。生死何ぞ疑わん天の附与。願わくは(5.)を留めて皇城を護らん。
(西郷隆盛「遺篇」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[えきれいきじょうごびしそつれいしょ]

◇朕薄徳を以て忝く重任を承けたり。未だ政化を弘めず(6.)にも多く慙ず。古の明主は皆先業を能くして国泰らかに人楽しみ災い除かれ福い至れり。何の政化を修め能く此の道を臻(いた)さん。頃者(このごろ)年穀豊かならず、(7.)頻りに至り、慙懼交集りて、唯ひとり労して己を罪す。是を以て広く蒼生の為に遍く景福を求む。(亀井勝一郎「大和古寺風物誌」より)

◇而るに為憲と貞盛等と心を同じゅうし、三千余の精兵を率いて、恣に兵庫の(8.)戎具並びに楯等を出して戦を挑む。是に於いて将門(9.)を励まし意気を起こし、為憲の軍兵を討ち伏せ了わんぬ。時に州を領するの間滅亡する者其の数幾許なるを知らず、況んや存命の(10.)は、尽く将門の為に虜獲せらるる也。(幸田露伴「平将門」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>





このシリーズは、今週金曜日に公開する「その6」が今季最終回です。
来週は「H30-3直前模試」を公開します。

文章題書き取り問題その4

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[いっかかそけんせきぜんだくていかい]

◇このとき渠は始めて心着きて驚けり。かかる深夜に人目を窃みて他の門内に侵入するは賊の挙動(ふるまい)なり。われははからずも賊の挙動をしたるなりけり。
 ここに思い到りて、白糸はいまだかつて念頭に浮かばざりし盗というなる金策の手段あるを心着きぬ。ついで懐なる兇器に心着きぬ。これ某らがこの手段に用いたりし記念(かたみ)なり。白糸は懐に手を差し入れつつ、頭を傾けたり。
 良心は疾呼して渠を責めぬ。悪意は踴躍して渠を励ませり。渠は疾呼の(1.)に遭いては慙悔し、また踴躍の教唆を受けては(2.)せり。良心と悪意とは白糸の恃むべからざるを知りて、ついに迭いに闘いたりき。…(中略)…
 かく思い定めたれども、渠の良心はけっしてこれを可(ゆる)さざりき。渠の心は激動して、渠の身は波に盪(ゆ)らるる小舟のごとく、安んじかねて行きつ、還(もど)りつ、塀ぎわに(3.)せり。
(泉鏡花「義血侠血」より)

◇彼の輩は其の所有の樹園で(4.)を盗む者を捕らうも怒らず、「お前はよい事をした。たんとお持ち下さい」と挨拶す。然るに自分の不在中に盗まるると、大いに瞋って樹一本切り又椰子(5.)打ち破る。是は盗人を詛うのだという。(南方熊楠「詛言に就て」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[かっちゅうきけいせんめいちょうしょうほうるい]

◇西晋の永嘉五年、張栄が高平の巡邏主となっていた時に、曹嶷という賊が乱を起こして、近所の地方をあらし廻るので、張は各村の住民に命じて、一種の自警団を組織し、各所に(6.)を築いてみずから守らせた。
 ある夜のことである。山の上に火が起こって、烟や火焰(ほのお)が高く舞いあがり、人馬の物音や(7.)のひびきが物騒がしくきこえたので、さては賊軍が押し寄せて来たに相違ないと、いずれも俄に用心した。
(岡本綺堂「中国怪奇小説集 -捜神後記(六朝)-」より)

◇虎杖の方言歴史に関しては、幸いにして記録の(8.)が存留する。『枕の草子』時代の京都語がイタドリであったことは、かの『枕の草子』の、「杖無くてもありぬべき顔つきを」という(9.)なる一文章によって熟知せられる。…(中略)…という理由は至って簡明で、現在においてもイタドリとタチヒとは虎杖の日本語として弘い区域に行われ、過去少なくとも千数百年の間、時の影響を受けて変化してはいなかったからである。そうして仔細にその錯綜の跡を検すれば、二語は久しく併存し、その択一は単なる小区域の流行であったことが知れるからである。即ち将来(10.)せられねばならぬある法則によって、方言はいわゆる古典の時代から、著々として発生しつつあったことが推測し得られるのである。(柳田國男「野草雑記」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


同音異義問題 その9

同音異義問題を出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む
次のページ

FC2Ad