漢検1級模擬試験倉庫

訓読み書き問題(24~26)

「訓読み書き問題」シリーズのPDFを公開します。
今回の内容は「その24」~「その26」の"同訓対策"の記事で、難易度の高いものが多く含まれますのでご注意ください。

PDF名は「訓読み書き問題(24~26)」で、問題、解答共に1ページずつに詰め込みました。

ダウンロードはコチラから↓
https://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「訓読み書き問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ
(これまでの「訓読み書き問題」シリーズのPDFも表示されますので、お間違えの無いようご注意ください。)

上手くご活用いただければ幸いです。

訓読み書き問題 その26

(注意)今回の問題は、特に難易度が高いものを集めました。
出題の可能性の低いものが多いので、「おまけ」として考えていただければと思います。




訓読みの書き取り問題です。

1.アゼ道を歩く。
2.アゼ倉造りの寺を見学する。
3.胡麻油を摂取する。
4.二人の娘のうち、姫は他国に嫁いだ。
5.カバネを穴に埋める。
6.氏カバネの制を設ける。
7.先祖の奥つを訪れる。
8.八の馬を乗りこなす。
9.梅は食うともサネ食うな。
10.鎧のサネの如く敷き並べる。
11.ジョウ面を被って舞台に上がる。
12.竹本義太夫は筑後ジョウを受領した。
13.タチの悪い悪戯に悩む。
14.命を受けて御タチに参る。
15.不貞腐れて悪態をく。
16.庭の周りに石垣をく。
17.粗で刃物を研ぐ。
18.の面に来客の姿を見る。
19.塗りの欄干に手をかける。
20.大きなの付いた勾玉を掲げる。



<解答の表示>





「訓読み書き問題」の今季分は今回が最終回です。
お付き合いいただき、どうもありがとうございました。

訓読み書き問題 その25

訓読みの書き取り問題です。

1.大きくけ反る。
2.見事にやってける。
3.穀物をる。
4.屁をる。
5.モチの木。
6.モチの日。
7.ヤヤもすれば油断しがちだ。
8.ヤヤあって失敗に気付いた。
9.噎せてひどくき込む。
10.外部への感染をき止める。
11.き込んで結果を聞きたがる。
12.岡山でママ借りを食べる。
13.ママならぬ世の中である。
14.ママ粉が無いようかき混ぜる。
15.山に分け入る。
16.で穀物をふるう。
17.の日に祓が行われる。
18.モミを裏地に使う。
19.モミを摺って玄米にする。
20.モミに電飾を巻き付ける。



<解答の表示>


訓読み書き問題 その24

久々に「訓読み書き問題」シリーズを再開します。
「その24」~「その26」の3回を予定していますが、全て同訓対策です。

同訓問題は難しいものが出題されることが多いので、今回の出題も難易度の高いものが多く、多少強引なものも念のため出題しています。
そのため、これまでの「訓読み書き問題」よりも重要度は下がると思いますので、深追いの無いようお願いします。



訓読みの書き取り問題です。

1.干しイイを携行する。
2.猫に小判とは正にこのイイである。
3.罪悪感が心のカセとなる。
4.カセ糸の束を染料で染める。
5.片カドを披露する。
6.謀叛のカドで縲絏される。
7.嫌いな相手をき下ろす。
8.噓をき、相手を貶めた。
9.戸をして締め出す。
10.理由を言いして口ごもる。
11.猟師が山でシシを追う。
12.シシ付き豊かな頰を撫でる。
13.麻をむ。
14.柿がむ。
15.単純作業にむ。
16.蕨を野山で摘む。
17.霧が広く立ち込める。
18.夜の更ける頃に会う。
19.さぬ仲の二人が倹しく暮らす。
20.借りてさぬは許されざるべし。



<解答の表示>


特殊な読みの書き取り問題

今週は「熟字訓・当て字書き取り問題」をお休みして、それ以外の「特殊な読み」に注目した書き取り問題を出題します。
出題しているのは、重箱、湯桶と言った音訓の混ざったものや、漢検辞典の漢字の音読みでは読むことのできない熟語などです。
(ただし、送り仮名の調整をしたため、熟語の形になっていないものもあります。)



1.暖かいアンカけの料理を食べたい。
2.ビタセン一つ払おうとしない。
3.ヘンテコな問題が出される。
4.ロカイなく大海に漂う。
5.服をイショウビツに収納する。
6.憎たらしい顔でコシャクなことを言う。
7.夏に豪雨やコウヒョウの被害が出る。
8.サヤエンドウを鍋で茹でる。
9.トガニンが刑罰を受ける。
10.友人と暢気にザルゴを打つ。
11.ミズヨウカンを食べて涼を納れる。
12.機嫌キヅマを取る。
13.度の過ぎたミビイキに不満が出る。
14.オトリソウサで現行犯逮捕された。
15.ヒバラを突かれて悶え苦しむ。
16.ギョーザを一口で頰張る。
17.好物のドラヤきに舌鼓を打つ。
18.患者がシビンに排泄する。
19.寺の僧たちのフギンする声が聞こえる。
20.炭火で豆をバイセンする。



<解答の表示>





(お知らせ)
来週の学習記事はお休みさせていただきます。
再来週に「熟字訓・当て字書き取り問題 その6」を公開予定です。

同音過去問(1~2)+同訓過去問

昨日に引き続いて、記事問題のPDFの公開です。
今回は「同音過去問」と「同訓過去問」のシリーズのPDFです。(記事はコチラ

PDF名は「同音過去問(1~2)+同訓過去問」で、問題は3ページ、解答は1ページ、計4ページです。
(解答は詰め込みすぎたかもしれません(苦笑))

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「同音過去問」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ

上手くご活用いただければ幸いです。
明日「模擬試験から 読み書き問題(1~6)」のPDFを公開予定です。

音訓複合三字熟語

先日の試験で、音訓の混ざった三字熟語の書き取り問題が出題されました。
1級漢字を含む大見出しの中から同じようなものをピックアップしてみたところ、そこまで多くはありませんでした。

更に、既に対策済みのもの、二字熟語の対策で十分対応可能なもの、生物名といった項目を除き、その中から比較的出題に適したものを絞った結果、なんとたった5つになりました(笑)
いずれもやや専門的(?)な語なので、そこまで重要ではないと思っていますが、念のため出題しておきたいと思います。

音に特徴があるので、出題文は短めにしています。
下線部を漢字にしてください。

1.カゾウナマスを食べる。
2.キンランデの碗。
3.チゴワゲの童。
4.シャクビョウシを打つ。
5.キゴザで雨露を凌ぐ。


<解答の表示>


同訓過去問

今週は「同訓問題」です。
全て過去問の語ですが、出題文は変更しています。
復習にご活用ください。

全部で51問です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

同音過去問 その2

先週に引き続き、「同音問題」の後半の記事です。(詳しくはコチラ。)

先週と同じく、今回も50問です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

同音過去問 その1

本試験も迫ってきましたので、そろそろ復習メインの記事も出したいと思います。
今回から3週に分けて、過去問で出題された「同音問題」「同訓問題」の語を出題します。
(現在とほぼ同じ形式になったH14-3からH29-3までに出された語を全て網羅しております。)

ただし、出題は過去問そのままではなく、文章や順序を変更しております。
また、「同音問題」に関しては、同じ音での新出語も合わせて出題しております。

今週と来週は「同音問題」です。
文章はやや難しめのものもあると思います。

各組ごとに解答を表示できるようにしていますが、全問解いてから答え合わせができるよう、最後に全解答を並べてもいますので、使いやすい方をご利用ください。
(「同音問題」としての)過去問でない語には「*」を併記しました。
過去問が最優先に対策すべきもので、「*」の付いているものは優先度が低いものですので、混乱しないようご注意ください。

全部で50問です。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

訓読み書き問題(19~23)/音熟語書き問題(1~5)

「訓読み書き問題(19~23)」「音熟語書き問題(1~5)」の2つのPDFを公開します。
それぞれ問題3ページ、解答2ページの、合計5ページです。

ダウンロードはコチラから↓
http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

時間が経って見つけられない時のために、「書き問題」の検索結果画面をリンクしておきます。→コチラ
(以前に公開した「訓読み書き問題(1~18)」のPDFも表示されますので、ダウンロードの際はタイトルをご確認ください。)

音熟語書き問題 その5

音熟語の書き取り問題です。

1.スイゾウの検査を受ける。
2.感謝を忘れキョウゴウな態度を取る。
3.エキレイが流行しないよう感染を防ぐ。
4.儚くもベキラの鬼となる。
5.僧はクンシン酒肉の穢れを避ける。
6.積年のオンシュウを晴らすべく斬りかかった。
7.人のリカに寄る。
8.雪の如くコウケツな肌を持つ。
9.先進国をツイショウするように発展する。
10.セイセイたる莪は材を育するを楽しむ。
11.コンシンの力を振り絞る。
12.疑雲も晴れ、アンジョとして眠る。
13.亡き師を偲んでルイブンを読み上げる。
14.除夜にボンショウの声を聞く。
15.詩人のギンショウを聴く。
16.カンヤクの地を扼して外敵を排す。
17.バクゼンと強風が吹き抜けた。
18.百骸キュウキョウに精神宿る。
19.孔子にケントツ無く墨子に暖席無し。
20.旻天を仰ぎ、ソウライを聞く。



<解答の表示>





「音熟語書き問題」も今回が最終回です。ありがとうございました。
来週からは、過去問を中心とした同音・同訓問題の記事を公開予定です。

訓読み書き問題 その23

訓読みの書き取り問題です。

1.矢作が矢をぐ。
2.破れ目を別布でぐ。
3.運動不足で体がナマった。
4.驚いて思わず言葉がナマった。
5.イヤが応でもしなければならない。
6.イヤが上にも会場は盛り上がった。
7.彼は太っていて汗っきだ。
8.駕籠き駕籠に乗らず。
9.出らしのお茶を飲んだ。
10.目一杯声をらして叫んだ。
11.神社の前にコマ犬が並ぶ。
12.新聞の四コマ漫画を読む。
13.日本の夏はコシキに坐するが如し。
14.俥のコシキが鈍い音を立てる。
15.マガキを殻ごと炙って食べる。
16.人家のマガキを挟んで話をする。
17.サヤ隠元を茹でる。
18.サヤ走りより口走り。
19.牛肉をイタめて丼を作る。
20.牛皮をイタめて鞄を作る。



<解答の表示>





「訓読み書き問題」は今回が最終回です。
最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました(^^)/

音熟語書き問題 その4

音熟語の書き取り問題です。

1.キュウキョ予定が変更される。
2.不純物をロシで取り除く。
3.太刀をタイハイした武士に囲まれる。
4.追い詰められジフンして果てる。
5.遺体は列車によりレキダンされていた。
6.君主の怒りに触れ、遠地にヘンザンされる。
7.古びた山奥のロウキョで隠遁する。
8.ビョウビョウたる平原の先に地平線が見える。
9.謎の男がコツエンとして現れる。
10.コウモンを経て運河を抜ける。
11.ガチョウの群れが歩き回る。
12.被災者に金品をシュツエンする。
13.文芸復興のレイメイ期に活躍する。
14.通行人の金品を狙ってヒョウゾクを働く。
15.川から立ち上るモウキで視界が悪い。
16.宴会で同僚とシュシを傾ける。
17.ソウロウの水清まば以て我が纓を濯うべし。
18.感謝の言葉を認めたスンチョを送る。
19.正月におトソを飲む。
20.暖房のフクシャ熱で部屋が暖まる。



<解答の表示>


訓読み書き問題 その22

訓読みの書き取り問題です。

1.貧は菩提の種、富は輪廻のキズナ
2.故事にナゾラえて説明する。
3.その仕打ちでは泣いたのもウナズける。
4.落ち武者はススキの穂に怖ず。
5.まだまだクチバシが黄色い。
6.ツタカズラが絡み合う。
7.熱戦に観客がイキり立つ。
8.シモトで弟子を戒める。
9.ナリフり構わず逃げ出した。
10.災厄をハラい清める。
11.餓鬼にオガラ
12.元気が無く、ウツろな目をしている。
13.奥方がコヅマカラげして駆けていく。
14.屁っり腰で威勢が無い。
15.突然、素っトボけたことを言う。
16.ダマし討ちに遭う。
17.アタカも事実であるかのようだ。
18.後生畏るべし、来者い難し。
19.マチダカバカマを身に纏う。
20.彼に任せるのはココロモトナい。



<解答の表示>


音熟語書き問題 その3

音熟語の書き取り問題です。

1.討論会に専門家としてショウヘイされる。
2.彼はどんな時もヒョウヒョウとしている。
3.神にヘイハクを捧げる。
4.コウチに長けた男が詐欺を繰り返す。
5.ホウソの化合物を釉薬として利用する。
6.社会に旧弊のヨジンが燻ぶっている。
7.ウカツにも秘密を漏らす。
8.カンペキの強い父に度々怒られる。
9.批判のホウボウを相手に向ける。
10.星々がランゼンと光り輝く。
11.リサイ証明書を発行する。
12.文章中の誤字衍字をカイサンする。
13.王が反乱軍のチュウメツを命じる。
14.将軍に気に入られ、ケイコウの臣となる。
15.コシュを編む。
16.事態のフンウンに乗じて身を隠す。
17.バクエキに興じて身を持ち崩す。
18.ケンケン塞がざれば終に江河となる。
19.美女のキョウシュウを帯びた表情に惹かれる。
20.頭髪上指し、モクシ尽く裂く。



<解答の表示>


訓読み書き問題 その21

訓読みの書き取り問題です。

1.おたまじゃくしが卵からカエる。
2.不注意のソシりを免れない。
3.百舌のハヤニエ
4.子供がママゴト遊びをする。
5.太陽をカタドった文様が描かれる。
6.山奥のヒナびた旅館に泊まる。
7.ハマグリで海をかえる。
8.好き放題言ってける。
9.体調不良で体がダルい。
10.煤掃きのコメビツ
11.雑誌のフクロトじを切り開く。
12.ヤツれ果てた姿を見せる。
13.ニシンを煮付けにして食べる。
14.物語の内容をヒトクサリ話す。
15.夜のトバリが下りる。
16.朝日でヤマヒダの陰影が際立つ。
17.天使かハタマタ悪魔だろうか。
18.オサで縦糸を整える。
19.当てコスりの言葉を吐く。
20.男には不審のカドがある。



<解答の表示>


音熟語書き問題 その2

音熟語の書き取り問題です。

1.ゼンソクの症状が出る。
2.ドウアクな匪賊が跋扈する。
3.キュウジンの功を一簣に虧く。
4.発言に隠されたフウイを理解する。
5.孔丘盗跖俱にジンアイ
6.スンゴウも疑いのない事実である。
7.長々とゼイゲンを弄する。
8.敵のホウサイに攻め入る。
9.地位も名誉も奪われラクハクの身となる。
10.突っケンドンな対応をされる。
11.締まりのないホウラツな態度が目に余る。
12.テイルイが頰を伝う。
13.環境問題をソジョウに載せる。
14.寝ぐせだらけのボウボウの頭だ。
15.佞臣のザンコウによって貶斥される。
16.カイギャクを交えて楽しく会話する。
17.俗に染まらぬコウマイな精神を持つ。
18.多くの高山がショウゼンと立っている。
19.勉強せずランミンを貪る。
20.ゾウブツ故買の罪に問われる。



<解答の表示>


訓読み書き問題 その20

訓読みの書き取り問題です。

1.上司に媚びヘツラう。
2.メザトく間違いを見つける。
3.石淋の味をめて会稽の恥を雪ぐ。
4.お怒りはごモットもである。
5.キヌタで衣を打つ。
6.鱓のハギシり。
7.器用にシマアジを捌く。
8.俊敏な動きで攻撃をカワす。
9.衝撃で表面が大きくエグれる。
10.金魚スクいを楽しむ。
11.梅は食うともサネ食うな。
12.シビれ京へ上れ。
13.ツマしい暮らしを送る。
14.柔らかいシトネに横たわる。
15.石のキザハシを駆け上がる。
16.彼は遊び人のオンナタラしだ。
17.言葉にトゲがある。
18.ツマビらかな事情が語られる。
19.寒風が吹きスサぶ。
20.坊主のハナカンザシ



<解答の表示>


音熟語書き問題 その1

先週お伝えした通り、隔週木曜日に「訓読み書き問題」の記事を出す予定ですが、その間の木曜日には「音熟語書き問題」の記事を公開する予定です。
これまで出題してこなかった1級大見出しの音熟語を20問ずつ出題します。

基本的には(二)書き取りの形式での出題ですが、(八)故事・成語・諺の形式の出題も含まれます。
こちらも全5回を予定しています。

では、本日の出題です。



音熟語の書き取り問題です。

1.サンショウは小粒でもぴりりと辛い。
2.何かがヒョウイしたように騒ぎ出した。
3.丘を越えるとカツゼンと景色が開けた。
4.弱冠に満たずしてヨウセツする。
5.貴人にヘイロにお越しいただく。
6.その揉め事はカカクの争いに過ぎない。
7.来るや否やソウソツに立ち去った。
8.ソダを焼べて暖を取る。
9.薬味としてミョウガを添える。
10.カンスイを煮詰めて塩を取り出す。
11.用水路の水を田圃にシャシュツする。
12.悲しみのあまり人目も構わずコッキュウする。
13.学問のウンオウを究める。
14.憔悴してガンカが窪む。
15.自信を漲らせてトウトウと演説する。
16.飢饉の年に村人がキンキュウする。
17.春になりチッチュウも地に這い出る。
18.金襴ドンスの帯を巻く。
19.蜻蛉鳴きて衣裘成り、蟋蟀鳴きてランプ驚く。
20.経文をドクジュする。



<解答の表示>


次のページ