漢検1級模擬試験倉庫

熟語迷路

気晴らしに、漢字の熟語を利用した迷路を作成してみました。

迷路

(ルール)
右上の入り口から左下の出口まで迷路を通り抜けてください。
隣り合う漢字が熟語を為す場合のみ、その間を通り抜けることができます。
例えば、「漢字(カンジ)」「猫舌(ねこじた)」「海人(あま)」という熟語から、「漢」→「字」、「猫」→「舌」、「海」→「人」と通ることができ、また逆に、「字」→「漢」、「舌」→「猫」、「人」→「海」と通ることも出来ます。

登場する熟語は全て漢検辞典の大見出しから選びました。
基本的には「音熟語」を辿ることになりますが、いくつか「訓熟語(熟字訓を含む)」もあるのでお気を付けください。

お時間のある時に「ペイント機能」などを活用して、挑戦していただければ幸いです。

・正解の経路を見つけるためのコツ
↓(白文字になっています)
入り口から順に進むのではなく、隣り合う漢字からなる「熟語」を探して、間の隙間部分に印を付けていきましょう。
あとどこが繫げられれば通り抜けられそうか、狙いを定めた上で「漢字ペディア」の熟語検索をすれば、手間がある程度省けると思います。



正解は、「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む
スポンサーサイト

漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その4

「漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その4」を公開します。

今回も、ルールはコチラを参考にしてください。
熟語数は「その3」と同じで、三字熟語30個、四字熟語30個です。
チェック表の漢字数(重複する漢字の種類)は「その3」より更に減っています。

チェック表に付いている小さな数字に関しては「その3」の記事を参考にしてください。

ダウンロードはこちら↓

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

(「漢字抜け熟語・その4」の検索結果画面はコチラ。)

お時間のある時に、楽しんでいただければ幸いです。

ヒント及び答えは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その3

気が付けば「漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その2」のダウンロード数が結構増えていますね、ありがとうございます。

ということで、「漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その3」を公開します。

今回も、ルールはコチラを参考にしてください。
ただし、今回は熟語数を更に増やして、三字熟語30個、四字熟語30個にしました。
一方で、チェック表の漢字数(重複する漢字の種類)は減っているので、少しは解きやすくなっていると思います。

ダウンロードはこちら↓

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

(「漢字抜け熟語・その3」の検索結果画面はコチラ。)

数字を探すのに苦労するのが、このパズルの難点だと思います。
今回はその対策として、表内にある数字の個数をチェック表に記しています。

表示のルールは以下の通りです。
(数字が小さくて判別しづらい場合は、これらの情報を参考にしてください。)

A.「2」は省略
B.「3」は普通の字
C.「4」は太字
D.「5」以上は太字+下線

書き洩らしがないかどうか、また、他の場所に手掛かりがないかどうかを調べる際にご活用ください。

お時間のある時に、楽しんでいただければ幸いです。

ヒント及び答えは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その2

先日は大変お騒がせしました。
ご迷惑、ご心配おかけして申し訳ございません。

また、温かいコメント等沢山いただき、ありがとうございました。
お心遣いいただいた皆さんに、感謝申し上げます。

模試の予定が無くなり、気持ちが随分と楽になりました。
自身では予定に追われている感覚は無かったのですが、気付かないうちにプレッシャーになっていたようです。
今後の模試は先に予定を決めず、公開準備が完了した後に公開日をお知らせするようにします。
(画面右側のプロフィール欄に赤字で目立つように記しておきます。)

(元々「その30」以降に予定していたことではありますが、)公開のペースも落とす予定です。
本試験の前に多めに公開したいと思っているので、暫くはストックを増やそうと思っています。
次回の模試は少なくとも2~3週はお休みさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



さて、先週に出した「漢字抜け熟語」ですが、気が付いたらダウンロード数が20にもなっていて驚きました。
興味を持っていただいた方が思っていたより多かったので、「その2」を公開したいと思います。

ルールは前回の記事を参考にしてください。
ただし、今回は前回より三字熟語、四字熟語ともに3つずつ増やしました

抜けている漢字の数は前回と同じなので、少し解きやすくなっていると思います。
お時間に余裕のある時にでも、挑戦していただければ幸いです。

ダウンロードはこちら↓

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

(「漢字抜け熟語・その2」の検索結果画面はコチラ。)

ヒント及び答えは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

漢字抜け熟語(漢検1級ver.)・その1

先日、ペンシルパズル「橋をかけろ」を作成して公開しました。
ペンシルパズルといえば「ニコリ」さんですが、漢字を使ったパズルも制作していたことをふと思い出したので、漢字のパズルも「ニコリ」さんのものを参考にして作成してみました。

作成したのは「漢字抜け熟語」というパズルです。
折角作るなら、漢検学習の役に立つものを作りたいと思い、出来る限り漢検1級に関連のある熟語を使用してみました。
「橋をかけろ」とは全く趣の異なるもので、パズルに興味の無い方でも楽しめる内容になっていると思います。

漢字抜け熟語sample
(↑こんな感じになっております。勿論、これだけでは何のこっちゃですが(笑))

まずはルール説明です。

①三字熟語24個、四字熟語24個が並んでいますが、1度しか使用していない漢字のみ表示されています。

2度以上使用している漢字数字に置き換わっています。
(要するに、同じ数字の部分には同じ漢字が入ります。)

数字が異なれば、必ず入る漢字も異なります。
最初から表示されている漢字が入ることもありません。)

④(通常なら国語辞典にある熟語が出題されますが、)ここではマイナーな熟語も含まれます。
ただし、国語辞典、漢検漢字辞典、漢検四字熟語辞典にあるものがメインで、残りも項目の説明から推測可能な範囲のものです。
(いずれも、ネット検索すれば十分調べられるものです。)

⑤本来のルールに従って、数字1,2,3,4に入る漢字を並べてできる四字熟語を「解答」としておりますが、ここでは全ての数字漢字を当てはめること(チェック表を全て埋めること)を最終的な"ゴール"とします。
(「解答」はヒントの一部だと思ってください。)

問題は「漢字抜け熟語・その1」というPDFになっております。
下部にチェック表が付いており、A4用紙に印刷してそのまま挑戦することができます。

ダウンロードはこちら↓

http://ux.getuploader.com/spaceplus01/

(「漢字抜け熟語・その1」の検索結果画面はコチラ。)

難易度は…
Aコース(難易度☆):Google、goo辞書やコトバンク、漢字ペディアなどの検索機能をフルに使用する
Bコース(難易度☆☆☆☆):紙の辞典(国語辞典、漢検辞典など)のみ使用する
Cコース(難易度☆☆☆☆☆☆☆☆):基本的には何も使用しないが、表記の確認のときのみ辞典を使用する
Dコース(難易度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆):完全に何も使用しない
という感じでしょうか…。
(Aコースがとても簡単ということでは無く、他がとても難しいということですのでご注意ください。)

とにかく辞典無しでは難しいと思います。
下級配当の四字熟語の対策、および、巻末索引熟字訓の対策をしていない場合は、AコースかBコース(もしくはその中間あたり)がオススメです。
(こう書いているということは、そのあたりが学習できるように作成しているということです^^)
ある程度1級の学習をしていれば、漢検漢字辞典、もしくは、漢字ペディアのみでもそれなりに対応できると思います。

どのような解き方をするにせよ、数字を探す作業でどうしても時間が掛かるので、お時間に余裕のある時に、無理の無い難易度で挑戦していただければ幸いです。

ヒント及び答えは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

ペンシルパズル「橋をかけろ」

ちょっと気分転換に、ペンシルパズルの「橋をかけろ」の問題を作成してみました。
「橋をかけろ」のルールは、ニコリのホームページをご覧ください。

問題はこちらです。

hashi1.png

ぱずぷれv3を勝手に利用して作成させていただきました。
「ぱずぷれv3」を使用して解く場合は、コチラ

難易度は自分自身ではよく分かりませんが、こういうのは「慣れているかどうか」だと思うので、初めての人にとっては難しいと思います。

ちょっと、ヒントというかコツを書いておきます。

まずは、端の方にある大きい数字に狙いを定めてください。
「1ヶ所に橋は2本まで」というルールがあるので、「少なくとも1本は橋がかかる」という場所がいくつか見つかると思います。
「全体をひとつながりにする」というルールを意識すると、「橋をかけてはいけない場所」が見つかる場合があります。
ちなみに、ここは「漢検ブログ」です(笑)



答えは「続きを読む」を押してご覧ください。

続きを読む

FC2Ad