漢検1級模擬試験倉庫

平均点を比較してみました

正式結果も届きましたので、恒例のデータいじくり回し記事(苦笑)を書こうかと思います。
…が、今回は超難化回だったという一言に尽きますね…。

まず、今回(29-2)の平均点は約91.4点でした。
ここ最近では、28-1、29-1の約100.0点が最低でしたが、大幅に下回りました。
27-3の平均点が約111.0点でしたので、それよりおよそ20点低い結果です。

過去5回(27-3~29-1)の平均点の平均と比べると、各分野のうち易化しているのは「(六)熟語の読み・一字訓読」のみ(約17%易化)で、残りは大体2.4%~38%の難化が見られました。
(全体では約12.5%の難化でした。)

具体的に言うと、「(九)文章題書き取り」が最も難しかった(約38%の難化)のは言うまでもありませんが、「(一)読み」「(二)書き取り」「(三)語選択書き取り」「(四)問1・四字熟語書き取り」「(七)対義語・類義語」も難問(10%以上の難化)だったようで、140点分の範囲でハッキリ難化しているというのは異常事態ですね…。

ちなみに、難問と言われた前回29-1と比べても、4分野がほぼ横這いで、残りが全て5%以上の難化という結果でした。


さて、平均点がここまで下がるとなると、気になるのは合格率です。
単純に「平均点が下がれば合格率が下がる」とはならないものの、今回は恐らく合格率も下がると思われます。
前回の合格率が5.2%なので、遂に5%を切るんでしょうね…。

気象予報士試験の合格率が4~5%程度ということなので、そのレベルになるということですが、合格者の殆どがリピーターを始めとする合格経験者で、初合格の人はほんの僅かであることを考えると………うん、考えないようにしましょうか^^;

随分前から、「漢検協会は何を考えているか分からない」という声を度々聞いてはいましたが………え~、この話もやめときましょう💦💦


暗い話ばかりも何ですので、明るい(?)お知らせを少々…

現在、「分野別対策」のその1~その6の記事のPDFをチェック中です。
何とか明日の夜までには公開したいと思います。

そちらの作業が終わり次第、「チャレンジャー向け模擬試験その1」のチェックに入りたいと思います。
おそらく12/2(土)に公開することになりそうです。
正式に決まり次第、右上の「お知らせ」欄にて報告させていただきますので、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

29-2の結果が届きました

検定結果通知(187点)
29-2検定結果通知

…自己採点の通りでした。
減点されていなくて、安心しましたε-(´∀`*)ホッ

文章題以外の書き取りの正解率:100%
文章題書き取りの正解率:50%

…文章題だけ、もはや別の検定に感じるのですが(苦笑)

これまでの結果
27-2:190点
27-3:193点
28-1:受検せず
28-2:196点
28-3:受検せず
29-1:受検せず
29-2:187点

案の定(?)、前回より大幅に点が下がりました💦
今回の難易度を考えれば満足すべきなんでしょうけど…多少なりとも悔しい気持ちはありますね…。

特に、最近になって自分の資料から「喧鬨」や(「翼戴」の別解になりうる)「翊戴」が見つかったので、試験直後より悔しさが増してしまっています…(-ω-;)ウーン
(実は、どちらもランダム記事内にもありました…^^;)

とはいえ、今回の難易度に振り回されて、もっと悔しい思いをしている方がたくさんいらっしゃると思います。
今回の正式結果から、自分の苦手分野や優先して対策すべき分野をしっかりと見極めて、次に繫げていただきたいと願っております。

ちなみに、殆どの方にとって、文章題は「優先して対策すべき分野」ではないと思いますよ(笑)

29-2合格報告

合否結果サービスが先ほど開始されました。

合格しておりましたので、取り急ぎご報告いたします。
29-2合格

とりあえず一安心…なのですが、今回の難化を正当化してしまっている気がして少し複雑です。
勿論、嬉しい気持ちはあるのですが、素直に合格を喜べるような、検定として妥当な出題をお願いしたいところです。

皆さんはいかがだったでしょうか…?
合否に関わらず、今回の結果が今後に繫がることを願っております。

標準解答速報

標準解答が届きました。

台風の影響で遅れる地域もあるかもしれないので、速報しておきますね。
(既にどこかに出ていたらすみません。)
とりあえず全部載せますが、問題があるようなら後で一部に変更するかもしれません。
予めお含みおきください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

今後の対策について

本試験29-2について(裏)」の続きです。
順番にお読みください。

飽くまで個人の意見ですが、今後の対策について書かせていただきます。
基本的には、合格を目指す場合の対策についてです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

本試験29-2について(裏)

本試験29-2について(表)」の続きです。
順番にお読みください。

今回は裏面についてです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

本試験29-2について(表)

先日の記事で、大変ご心配をおかけしました。
多くの方に様々な形で励ましのお言葉いただき、大変感謝しております。
(ウッカリ返信し忘れていないか、ちょっと心配です…^^;)
深刻な感じの記事になってしまいましたが、そこまで酷く落ち込んでいるわけではありませんので、ご安心ください。

さて、予告していた29-2の試験についての記事です。
今後の方針を決めるために、これまでの拙模試、弊ブログでの出題でどの程度対応可能だったのかを調べてみました。
また、出題に関して気付いた点、気になる点なども纏めました。

通常は標準解答が届いてから書くべきなのですが、もう次に向けて始動している方もいらっしゃるので、現時点で一般的に解答とされているものを基にして書きました。
従って、標準解答到着後に追記修正を行う可能性もありますので、予めお含みおきください。

長くなってしまったので表面と裏面で、2つの記事に分けました。
また、今後の対策等については、更に別の記事で纏めたいと思います。

今回は表面についてです。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(本試験の内容に触れますので、閲覧にご注意ください。)

続きを読む

お疲れ様でした

瞬間移動…トウッ!

…と、自宅に戻った訳では無く、記事の予約投稿です💦

たった今、試験が終わりました。
受検した皆さん、お疲れ様でした。

あ~、全然出来なかった~…。

…と、とりあえず書いておきます(笑)

少なくとも1時間は掛かると思いますが、帰宅した後に(実際の)感想を追記したいと思います<(_ _)>



ここから追記します。

いや~、本当にダメでした(大笑)

少なくとも私は撃沈した気がします…。
難しかったように思うので、また直前模試で糠喜びさせてしまったかもしれませんね…すみません。

(追記)「撃沈」というのは誤解を与える表現でした、すみません。
「これまでの点数に比べて大きく下がった」という意味で書きました。
実際には、勘が当たった部分が多くあり、何とか踏みとどまりました。大変失礼しました。


怖くてツイッターが見られませんが💦、少し落ち着いたら答え合わせなどをして、また追記したいと思います。
なお、追記に関するツイッターでのお知らせは致しませんので、お含みおきください。



さらに追記です。

全体的な感想を書きました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
(本試験の内容に触れておりますので、閲覧にご注意ください。)

続きを読む

試験前日

いよいよ明日が29-2の本試験です。

合格できるかどうか、高得点が取れるかどうか、など色々と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまで来たら一旦そういったことは忘れましょう(笑)
直前になれば、基本的に結果は試験の難易度にしか依りませんので、もう漢検さんの気分(?)次第…流れに身を任せるのみです^^;

私は残るは、総復習で複数回間違えた数十問ほどのメモと、過去問を何回分か挑戦して学習は終わりです。
直前にはあまり学習しない主義なので、基本的にボーっとして明日の準備をしたいと思います。
そんなに自信があるのかと問われると全然無いですけどね(笑)

う~ん、他に特に書くことが思い付きません💦
物凄く簡単な記事になってしまいました(苦笑)

それでは受検する皆さん、明日の試験、頑張りましょう!
受検されない方は、応援よろしくお願いします(^^)/

いつの間にやら…

漢検HPにいつの間にか29-1のデータが出ていました💦
既にご存知の方もいらっしゃるようですが、私は知りませんでした(苦笑)

「年度・回ごとの級別志願者数・合格者数」のページにリンクがありませんが、「平成28年度(2016年度)第1回」をクリックして、URLの「28」を「29」に変更したら見られました…^^;
正規(?)の見方はあるのでしょうか…???

軽く感想を書きたいと思います。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

本試験29-2、受検します

日付が変わり、9月16日になりました!🎊🎊🎊👏👏👏\(^o^)/オメデトー
本試験29-2の申し込み受け付けが、たった今締め切られましたね。

最近は受検者数が急激に減っていて、かつ、前回の難易度がとても高かったので、今回の申し込み状況はとても気になるところです…。

さて、私はというと、今回久々に1級受検を申し込みました。

今回受検する場合、「本試験までに出題する予定の問題を、申し込み締め切りまでに全て完成させる」という目標を立てていたのですが、数時間前に無事(?)全て完成…ε-(´∀`*)ホッ
正直先週あたりから、(恐らく気圧の変動の影響もあって)精神的にキツい状態になったりもしたのですが、いただいたコメントの返信をしたり、他の方のブログを拝見したりして気分転換が出来たので、何とか乗り切ることが出来ました<(_ _)>

「そこまでして出題しなくてもいいのでは?」と思われるかもしれませんが、個人的には出題の方が優先順位が高いです(笑)
また、私は学習と出題の考え方を分けていて、交互に行うといった器用なことはできませんので、対策の時間が取れて本当に良かったです。


さて、試験まで残り1ヶ月ですが、受検に向けて本格的に学習を始めたいと思います。
…既にゴールしたような気分でいるので、ちょっと休憩はしますが(苦笑)

前回の受検が1年前で、その後は出題ばかりでしたから、問題を解く感覚を取り戻さなければいけないと思っています。
幸い他の方の模試では点数が取れているので、数を熟すことと、基本的な部分の穴埋めをすれば、それなりに何とかなりそうです。

点数の目標は特に無い…というより、点数の目標を立てられるほど漢検さんを信用してはいないので(苦笑)、対策した範囲の問題をミスしないよう頑張ろうと思います(`・ω・´)b

とりあえず、明日までに計画を立てねば…(-ω-;)ウーン

「碧水会」の29-1のデータより

本試験29-1…今更ですが、とても難しかったと思います。

本来合格する実力のある方が不合格になりとても残念でしたが、その後の学習方針に迷ってしまう方が多々見受けられたのは更に残念なことだと思いました。

今後の方針のためには情報が必要ですが、漢検さんは殆どその類のものを出してくれないので困りものですね…^^;

そこで私は東京漢字俱楽部「碧水会」(以下、「碧水会」)の方にお願いして、会の中で収集されたデータを拝見させていただきました。

更にそのデータに関する記事を出す許可を頂きましたので、今回はそちらのデータを基に記事を書かせていただきます。
「碧水会」の皆さんに、深く感謝申し上げます。

弊ブログをご覧の皆さんには、今後の対策の参考にしていただければと思います。

それでは、「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

「合格者平均」が表すものは…?

(追記)記事が長くなりすぎたので、折りたたんで改めて公開しました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

29-1合否結果サービス

29-1本試験の合否結果サービスが始まっているようですね。
受検された皆さん、もうチェックはされたでしょうか…?

結果が分かった方にコメントを入れようかと思ったのですが、本来合格する実力のある方が不合格だったり、本来合否を気にしなくても良い実力の方が「なんとか受かった」というようにおっしゃっていたりして、言葉の選び方に迷ってしまいますね…。
結局、記事の方に逃げて、一般論として書くことにしました…^^;

まずは、合格された皆さん、おめでとうございます。
難化しても合格できたというのは、今後の自信に繋がったことと思います。

そして、残念ながら不合格だった方も、少なくとも「(前回の点数)-10点」以上の点であれば、実力は伸びていると思います。
点数や合否は、実力をある側面から切り取ったものに過ぎません。
従ってそちらは過度に気にせず、"本質的"な実力を伸びを感じていただければと思います。

次回に向けて、既にコツコツと努力されている方も多いと思います。
私も少しでもお役に立てるよう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>

「絵本日本外史」から

29-1の文章題Cでは頼山陽の「日本外史」から出題されましたが、「国立国会図書館デジタルコレクション」で「絵本日本外史」というものを発見しました。
文章が比較的平易に訳されていたので、今回出題された部分を載せておきます。→コチラ

…とリンクされても、読みづらいですよね…^^;

ということで、現代仮名遣いに変えてみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

28-1の文章題が素晴らしい!

漢検ホームページに28-1本試験の問題が出ていたので、一通り見てみました。
一年前の問題の感想というのも可笑しな話ですが(苦笑)、少しだけ書きたいと思います。
(以下、勿論飽くまで個人の感想です。)

(ちょっとバイアスが掛かってしまった気もしますが、)予想に反して、29-1のような違和感はそこまで感じませんでした。
トリッキーな問題の数は平均的、もしくはやや多めという感じですね。

常用や準1級の熟語が目立ち、(特に対類で)難問を詰め込み過ぎている感じでしたが、(故事成語を除けば)比較的今後の対策の取りやすい問題が多かったような気がします。

驚いたのは文章題…。
これまで見た文章題の中で最も納得のいく出題で、ちょっと感動してしまいました(笑)
決して難易度が低い訳ではありませんが、書き取りは「確かに答えはこれだ」と思えるものばかりで、「総合力」が問われる出題になっていたと思います。
また、読み問題も、変に迷わせるような出題がありませんでした。

29-1の文章題を見ていると、正直今後受検したいとは思えないのですが(苦笑)、28-1のような文章題が毎回出るのであれば、もっと受けてみたい気もします^^

今後の模試の文章題は28-1のような出題を目指したいと思います(^^)/

ところで、この回でも語選択のダミーに「たんらん」があったんですね…^^;

28-1では「たんらん」、28-3では「どんらん」、29-1では「たんらん」、そして辞典の見出しは「どんらん」…。
どちらの読みを重要視しているのかよく分かりません(汗)
(ん、待てよ…?語選択のダミーが「貪婪」を想定したものじゃない可能性も…いや、流石に無いか!(笑))

本試験29-1の出題について」の記事で、「毎年度第一回の難易度が高いのは、回によって担当者がことなるからでは?」といった趣旨のことを書きましたが、正直よく分からなくなりました(苦笑)
やはり29-1の出題だけが特異な感じがしますね…(-ω-;)ウーン

訓読みの出題に関してのお詫び

これまでの記事の記述内容に誤りがありました。

「漢検漢字辞典第一版に載っていない訓読みは、これまでの本試験では出題されていない」(ただし、変則的なものを除く)

という主旨のことを度々書いていたと思いますが、既に本試験28-3で、第二版にしかない読みが出題されていました。


(九)文章題

(文章題C)…漸く紛擾にキ.ない、…

答え:そこ(ない)

・漢検漢字辞典第一版
傷:ショウ、きず、いた(む)、いた(める)

・漢検漢字辞典第二版
傷:ショウ、きず、いた(む)、いた(める)、そこ(なう)


もしかして、これ以前にも文章題では出題されていたでしょうか?
他の方の発信された情報を勘違いして理解していたのかもしれません。

上記の内容をどの記事に記載したかが分からないため、申し訳ありませんが過去の記事の修正は行いません。
どうぞお含みおきください。

今後、正確な情報発信を心掛けたいと思います。
申し訳ございませんでした。

本試験29-1の出題について

本試験29-1の問題の感想を書きました。
まだ標準解答は分かっておりませんので、解答は「漢検1級 平成29年度 第1回 答え合わせ」の記事を参考にさせていただております。

長いので折りたたみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

29-1文章題出題部分

今回もありがたいことに、本試験の問題を拝見させていただきました。
お礼といってはなんですが、今回も文章題の原文を探してみました。
時間がかかりそうなので、一つずつ追記しながら出して行きます。

(追記)全ての原文を載せました。

書き問題の部分に線を引いております。(別解がある可能性もあります。)
誤りなどありましたら、コメントよろしくお願いします。

画像が大きいので、折りたたみます。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

29-1本試験、お疲れ様でした

29-1本試験、終わりましたね。
受検された皆さん、出来はいかがだったでしょうか…?
どんな問題が出題されたのか気になるところではありますが、今回は答えだけ確認させていただいて、深追いはやめておきます(笑)

受検直後は気持ちが昂っていて気付きにくいですが、恐らく疲れが溜まっていることと思います。
ゆっくり頭と体を休めるようにしてください。
最終的な結果が分かるのは随分先のことですので、今慌てて何かをする必要はありませんよ(笑)

何はともあれ、受検された皆さん、お疲れ様でした。
次のページ

FC2Ad