漢検1級模擬試験倉庫

分野別対策 文章題書き取り問題その22

文章題書き取り問題(選択形式)です。

語群(1~5):[かきけいちょうこんりょうないおうふんい]

◇故に彼は一方に於いては藩閥を攻撃すると共に、一方に於いては又屢々衆議院の行為を非難したりき。前伊藤内閣の第四議会と衝突するや、紛争に始まりて紛争に終わり、九旬の会期唯怒罵(1.)の声を以て喧擾したるに過ぎざりき。是他なし、内閣は常に(2.)驕傲にして責任を顧みず、常に(3.)の袖下に隠れて衆議院を威嚇せんとするあり、衆議院は噪暴急激にして沈重なる思慮を欠き、動もすれば上奏権を仮りて内閣に逼らんとするあり、其の行動両つながら極端に失して一点和協の意なければなり。(鳥谷部春汀「明治人物月旦(抄)」より)

◇右衛門作、氏は山田、肥前の人で、島原の乱に反徒に党(くみ)して城中に在ったが、悔悟して(4.)を謀り、事覚(あらわ)れて獄中に囚われていたが、乱平らぎたる後、伊豆守はこれを赦して江戸に連れ帰り、吉利支丹の目明かしとしてこれを用いた。右衛門作はよく油絵を学び巧みに人物(5.)を描いたが、彼が刑罰の図を作ることを命ぜられたのもそのためであった。後耶蘇教を人に勧めたために、獄に投ぜられて牢死したということである。(穂積陳重「法窓夜話」より)

<ヒントの表示(1~5)>

語群(6~10):[きょきしせきしょうじょうそうろうふせつ]

◇帰郷 昭和四年。妻は二児を残して家を去り、杳として行方を知らず。我独り後に残り、(6.)として父の居る上州の故郷に帰る。上野発七時十分、小山行高崎廻り。夜汽車の暗爾たる車灯の影に、長女は疲れて眠り、次女は醒めて夢に(7.)す。声最も悲しく、わが心すべて断腸せり。既にして家に帰れば、父の病とみに重く、万景悉く(8.)たり。(萩原朔太郎「氷島」より)

◇客あり。草廬を敲いて俳句を談ず。その標準は誤り、その嗜好は俗に、称揚する所の句と(9.)する所の句と多くは彼此顚倒せり。予曰く、子の言う所、悉く予の感ずる所と相反す。予を以て見れば子の言甚だ幼稚なり。もし子もまた予を以て俳句を解せざる者となさば予はことさらに是非を争わざるべし。しかれども子が言を以て予が俳句に入らんとせし十数年前と対照するに、当時の予の意見と(10.)を合わすが如き者あり。あるいは十数年前の予にして子と会談せしならんには、手を拍って子の説を賛成したらんも、爾後予の嗜好は月々歳々に変じて、今は復当時の余波をだに留めざるに至れり。子が説く所果して正しきか。予が嗜好の変遷はかえって正路を脱して邪路に陥りたるか。(正岡子規「俳句の初歩」より)

<ヒントの表示(6~10)>



<解答の表示>


過去問対類問題 その1

今週から3週に亘って、対義語・類義語問題を出題します。
出題するのは、全て過去問(H22-3~H28-3)の対義語・類義語問題で出題された熟語です。
(対義語問題で出題された熟語は記事でも対義語問題で、類義語問題で出題された熟語は記事でも類義語問題で出しています。)

殆どの方が、過去問対策はされていると思いますので、基本的には全問正解を目指していただきたいと思っています。

ただし、出題側の熟語の多くを変更し、マイナーな熟語が多く登場させているため、すらすらと答えることは容易ではありません。

「出題側の熟語の意味を、漢字の意味から推測する」
もしくは
「語群の音から熟語を思い浮かべて、当てはまるものが無いかを探す」
などといった方針で考え進めていってください。

1つの記事に付き5題、計50問を出題します。
「分野別対策」同様、ヒント機能や語群線引き機能を付けておりますので、上手くご活用いただければと思います。

分からない問題も出来るだけ時間をかけて考えることをオススメします。
お時間に余裕のある時に挑戦していただければ幸いです。

尚、繰り返しになりますが、出題側の熟語にはマイナーな熟語が多く含まれます。
そういったものは漢検辞典や国語辞典を使っても調べられないと思いますが、殆どが漢字の意味から推測できそうなものを選んでおりますので、漢検辞典などの意味欄を参考にしていただければと思います。
(勿論、コメントで質問していただいても構いません。)

また、こういった熟語は、漢字から熟語の意味を推測できれば十分で、書き取りとしての対策は必要無いと思われます。
深追いすることのないようお願いします。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

分野別対策 語選択問題その22

語選択問題です。

1.えぐりだすこと。特に、悪事をあばくこと。
2.他人を陥れるために噓をつくこと。
3.慣れ親しむこと。
4.消えてなくなること。物事がやむこと。
5.忍びの者。

語群:[さいさくじっきんそくめつてっけつ
 てんゆひっちゅうぶこくりんらく]

6.謎などを明らかにする隠された手段。
7.フクロウ。また、奸悪な者のたとえ。
8.ひとり寝のふとん。ひとり寝ること。
9.いけどりにすること。
10.せっかちに行動すること。

語群:[くうけいこうそうこきんしきょう
 せいきんそうきゅうひやくふしゅう]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


模擬試験から 読み書き問題その4

過去の模擬試験の文章から、読み問題(復習)と書き問題(新出)を同時に出題します。(詳しくはコチラ

「続きを読む」をクリックしてご覧ください。

続きを読む

分野別対策 対義語・類義語問題その22

対義語・類義語問題です。1~5が対義語、6~10が類義語の問題です。

1.酩酊 2.褒称 3.黄昏 4.白米 5.遠祖
6.泉貨 7.掃除 8.娥眉 9.獄門 10.原典

語群:[えいそんきょうしゅきぼうこうくんこうはく
 さいそうしんめいそれいびくんらんぽん]

<ヒントの表示>




<解答の表示>


お疲れさまでした

二週間ごとに書いている個人的な計画の記事です。

興味のある方のみコチラ↓

続きを読む
次のページ

FC2Ad